aikokuken-ryuji 日々の草稿

日々aikoku=愛国.音楽大好きな犬=ken@10年20年もっと後の日本に世界に平穏あれ。

2017.8/15 『終戦の日』に日本人が想う事とすべき事...。【後編 ~国賊『反天連』による不敬デモ行進に鉄槌を❗迎撃カウンターデモ活動~】

皆様、こんにちは。aikokuken-ryujiです。

お疲れ様でございます🙇

 

前回のブログ、2017.8/15 『終戦の日』に日本人が想う事とすべき事...。【前編~靖國神社参拝 英霊に感謝と祈りを~】は、いかがでしたでしょうか。

前編は、主に靖國神社参拝と大東亜戦争の歴史や英霊様に畏敬と感謝の念を捧げるといった事が主題でしたので敢えて政治的な事を控えめにしたブログにするよう気をつけて書きましたが、今回は、、もぅバンッバン❗書かせていただきます!!ww

 

というのも、後編のテーマは、前編の最初にも番宣... あッ、ちゃうちゃう😂💦  予告した通り、国賊集団『反天連(反天皇制運動連絡会)』の反日不敬デモ行進に抗議の声をあげる迎撃カウンターデモ活動についてですので。


f:id:aikokuken-ryuji:20170818220803j:image
前編では、いい子チャンぶっておとなしくしていましたが(笑) 後編は思いっきり本性むき出しにして、この反天連なる反日サイコ集団のやっている事がどれほど日本にとって不利益で危ないものなのかを徹底的に書いていきます。

 

そもそも、反天連って何❔  どんな集団❔  何故、反日で不敬なの❔  と思っている方のために少しだけ反天連について軽く説明させていただきます。 


f:id:aikokuken-ryuji:20170818222126j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170818230015j:image

反天連(反天皇制運動連絡会)とは、反皇室闘争を目的とする日本の新左翼グループの一つ。

つまり皇室に反対する、天皇いらないと主張している集団なわけです。

これは、日本そのものを否定している、いらないと言っている事に相違ありません。

すなわち国家転覆を企てるヤバい奴らなんです。メッチャわかりやすいですよね(≧∀≦;)

上記にあるように新左翼グループの一つなので、1960年代、70年代に世間を騒がせた学生運動でその名を知られた『赤軍派』や『革マル派』『中核派』と同じ部類に入る、共産主義者主導がメインだった学生運動の流れも組んでる集団なのです。

当時の学生運動でも、反天皇の意識が高い学生が多く、それらの主張も随所に見受けられていたように思えます。

マルクス主義を革命のバイブルみたいに唱えてたあたりw

反天連の中にも、そういった学生運動の残党みたいな者が少なからずいると思います。

機関誌もあるようですが、そのタイトルがウケる(笑)

反天皇制運動カーニバル」

何コレ?  運動がカーニバル!?   つまり「天皇いらない」「靖國いらない」という主張をシュプレヒコールあげて行進してるのがお遊びって事?

これにはワロタwww  と、同時に腹立った❗💢💢💢

こっちは真剣に国を想い、憂い、良くしていかなければならないとマジになって活動などしているのに、その対抗勢力がふざけている......。😒💧

そのおフザケ感をデモ行進に利用し、一般国民に天皇いらない、靖國解体などと喧伝する行為は、国賊売国奴に等しい❗

何よりも許し難い鬼畜行為であると思います。 (`へ´*)ノ

 

話を元に戻します。

靖國神社参拝を終え、未だザーザー、時にはシトシト降り続ける雨に辟易しながらも境内を15時になるくらいまでぶらぶらしていました。

そして、時間が来たので靖國神社を離れ、九段下の交差点付近にやってきました。

本当言うと、頭の片隅には「こんだけ雨降ってたら、反天連かてデモ行進でけへんの違うんかなー。中止すればええのに...」という思いがありました。

ですが、いざ九段下に赴いてみると、すでに警察によって歩道にバリケードが敷かれ、その中をたくさんの傘をさした人やレインコートを被った人が集まっていました。

靖国通りには交通規制に余念の無い表情の強張った機動隊の面々がそこかしこ。

 

あぁ...やっぱりやるんや......。💧



f:id:aikokuken-ryuji:20170818225244j:image
人だかりの中には、例年と同じく日の丸🎌、旭日旗日本第一党行動する保守運動🌸などの幟が掲揚されていました。

まさに戦闘準備、昨年、日本第一党党首の桜井誠氏が訴えていた「怒りをもって反天連に抗議の声をあげよう!」との言葉を即座に思い出しました。

集まっている人たちも、反天連に大いなる怒りに満ちた感情を今にも爆発させんと挑んでいるのが、手に取るように僕にはわかりました。

其の実、僕も毎年怒りをもってこの迎撃カウンターデモに参加していますので😡⚡

これを踏まえると、やはり反天連のお遊び感覚の皇室否定、靖國解体の主張が余計に腹が立ってくるのです❗

 

僕もバリケードの中に加わり、どしゃ降りの中でも熱っぽく訴える弁士のメッセージが、入れ替わり立ち替わり耳に届いてきます。

それを聴いて「そうだ!」「許せない!」などの声を相槌としてうちながら、反天連のデモ行進がやって来るのを待つばかり......。

 

 

そもそも、反天連って日本人ばかりで組織されてるのかな?  と、普通に疑問がわくところですよね。

戦後レジーム自虐史観日教組などの悪思想に侵され、天皇陛下を良く思わない日本人は団塊の世代を中心に多くいますが、あれだけ声高に「天皇反対」と叫ぶのが日本人ばかりだとはどうしても考えにくい。

 

しかしてその実態は!?(多羅尾伴内ではない 笑)

 

イヤイヤ💧実は反天連の中にも多くの外国人が、いっちょまえに日本人ヅラして紛れ込んでいるのですよ。

その多数が在日韓国朝鮮人、または韓国人。支那人もいるんかな...❔

話では、この日のデモ行進の為にわざわざ来日した韓国人もいるとの事。

考えられますか?  たわけ❗つってナンセンスだろ❗って思いませんか?

実のところ、外国人が日本で政治活動やる事自体に問題があるわけで、それは入管法違反にあたるものです。

これについては、8月12日に神保町で行われた反天連キャンドル・デモのカウンター活動の中で警察と一触即発のひと悶着があった時、桜井氏も言っていましたよね。 

 

⬇⬇【"桜井誠 夏の陣! 反天連キャンドルデモカウンター H29年8月12日"】YouTubeさんから。


桜井誠 夏の陣! 反天連キャンドルデモカウンター H29年8月12日 - YouTube 

 

ほかにも朝鮮総連、韓国民団などが、頻りと外国人差別、民族差別ヤメロ!日本は日本人だけのものじゃない、偉そうな思い込みするな!などと我々日本人からしたら(いや、国際社会の常識に於いても明らかおかしいw)理解しようにも理解できない奇想天外な事を言っています。 
f:id:aikokuken-ryuji:20170818233721j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170818233732j:image
完全に論理破綻、こういう言い方は憚れるかもしれませんが、精神的に病んでるんじゃないの❗❔って思わず言いたくなります。

朝鮮学校補助金、支援金問題ひとつとってもそう。

何故、日本国からの補助金が必要なの?

あなた方、平気で日本を、英霊様を、歴史を貶めるような事教えてるのに対して、何でそんな学校組織に金出す理由があるの?

結局、彼らは金が欲しいだけなのだと思います。

生活保護にしてもそうです。これから通名制度問題で厳しくなるような気配ですが、ボロを着ていかにもやつれた、生活苦に喘いでいる、そんな体で役所に生活保護求めて来るのなら、少しは話がわかります。

けど最近の在日は、ヴィトンのバッグ(言わずと知れた高級ブランド👜✨)を肩にかけ、したり顔で生活保護の前借りを、当然の如く貰いに来る厚顔無恥ぶりらしいです。(無恥ぶり/無茶振り 笑)

で、こうこうで簡単にお支払はできませんよと役所の人が諭そうとすると、急に机をバンバン叩いて「なんでやねん!!」とキレまくるそうです。

コレ、れっきとした威力妨害だと思いませんか?

その聞き分けのない駄々っ子w 在日のおかげで仕事の手が止まってしまうのです。

迷惑千万ですよね。役所の方は、頭が痛いですね😩

つまるところ、在日のやることなすことすべてが日本や日本人にとって、迷惑なのですね。

勿論、在日でもただ従来のお国の言う事とは真逆の認識を得て、日本を愛し友好的に接してくれる人も中にはいますが、そんなのは一握り。10人いて1人いるかいないかの確率にすぎないと思います。

韓国国内や中国国内では、親日(主に、あの頃の日韓併合で韓国が国として独立できた事を日本人のおかげだったと思ってるお年寄り)の人たちが少しでも「日本は良い国」みたいな発言をすると、あっという間に周囲から総スカン&袋叩きな目に遭ってしまうようです😨💧

いつだったか、韓国のお年寄りがそういった事を口にすると、若者が4、5人でそのお年寄りに暴行をくわえたという事件がありました。😣

ネット界隈ではさらにフルボッコ

それに対して、我が国は日本人同士で思想の違いだけでそこまでする!?  しないですよね。

支那、韓国、北朝鮮の特亜3国といわれる国はこぞって反日無罪、抗日万歳を掲げるマジキチ💢💥国家なだけに、国内での言論統制、言論封殺は日本以上に厳しく取り締まっているのです。

反対に、日本の法律もそれくらい厳しくして、在日を取り締まってくれよって思いますよね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170820140950j:image

戦後日本は、高度成長という経済的、物質的な復興とひきかえに、古来より引き継いできた日本民族の在り方、伝統文化、シャーマニズム、そういったものが蔑ろにされ、置き去りにされてしまいました。

前回のブログで掲載させていただいた、我那覇真子さんの演説にもあったように、今を生きる現代人たちは、一体何の為に生きているのか......そして自分達は、一体何に生かされているのか......。

白痴となった脆弱な精神は、国体護持の本分を忘れ、英霊様に背を向け、何もかも他力本願、何もかも政治まかせ。それでは、あまりにも勿体無い。ご先祖様から代々受け継がれてきた「自分」という存在を大事に思わない。生きている価値が無い。それではいけないと思います。

国あってこその自分達、ご先祖様あっての自分達、そして天皇陛下あってこその国民であるのだという事実から、徒に悦楽だけに走り目を逸らしてはいけないのだと。

だから、この国家解体を目論む国賊集団のデモ行進をやめさせる為に身を以て抗議する、日本人のアイデンティティーを守る、さらに国体を護持する、当たり前の行為で、何ら過激な事などではないのです。

デモや街宣、カウンター活動などが日常茶飯事ではない人たちにとっては、うわー、なんか過激やなぁー💧  なんて思えるかもしれませんが、それは表皮に過ぎず本質は日本人として当然の訴えであり、思いであるというのをわかってもらいたい、周知させたい。

その手段としているのが、デモや街宣なのです。

もちろん、反天連のデモ行進だって、かつて戦争をおっ始めた天皇なんか日本にいらない、その侵略戦争に加担した軍人を祀る靖國神社など潰してしまえ! というデマゴーグな主張を周知させる思惑があるのでしょうが、こんなものハッキリ言って日本人として日本に生まれた人が聴いたなら、絶対に違和感しか胸にわかないと思うのですね。

普段、紀元節天長節に日の丸を掲揚しない日本人でも、反天連の言っている主張は「なんか変だなぁ」と何故だかわからないけど嫌悪を感じるはずなのです。

 

......九段下に来てから、時間がだいぶ経ったかな~と思っている時に、ちょうど弁士の方から頑張れ日本!全国行動委員会の日の丸行進の一団が来たというので、僕らは拍手と歓声をあげました。

目の前を、いっぱい いっぱいの日の丸が街宣車の後ろをゆっくり行き過ぎていく光景は、とても素晴らしく思いました(゜▽゜*)🎌🎌 

 

⬇⬇【頑張れ日本!全国行動委員会による日の丸行進🎌 on Twitter】自身のツイートから。  

https://twitter.com/Ryuji_ILJ2676/status/899081879021699073?s=09


f:id:aikokuken-ryuji:20170820144229j:image
上の写真は、一昨年の15日に撮ったものです。

これからやって来る反天連とは、似ても似つかぬ行進でしたね😂

拍手と歓声をあげる中で「ありがとう、日本❗」と頻りに叫ぶ人が何人かいて、あぁ、これこそが真の日本人のとるべき行動なのだと改めて日本という国の美しさを目の当たりにした瞬間でした。

 

頑張れ日本の日の丸行進も行き過ぎ、いよいよ反天連のやってくる番が近づいてきました。

日本第一党の事務局長(...だったと思う😓)が、もうすぐ、もうすぐ反天連がやってきます!!とマイクに金切り声をぶつけ、怒りのシュプレヒコールがカウンターの中から沸き上がりました。

「帰れ帰れ、反天連❗」「出てけ出てけ、反天連❗」(*`Д´)ノ📢💨💥


f:id:aikokuken-ryuji:20170820213222j:image

やがて、道路の向こうから警察の車と機動隊の数人を先頭に「天皇制反対」や菊の御紋にバッテン❎をつけ、その下に「DANGER(=危険)」と書かれたプラカードを掲げた国賊反日クソッタレ(失礼💦)集団、反天連のデモ隊がノロノロ歩いてきました!!

 

⬇⬇【無修正 ノーカット版】平成29年8月15日 靖国神社での反天連の極左デモ vs 日本第一党さん(旧在特会さん)YouTubeさんから。


【無修正 ノーカット版】平成29年8月15日 靖国神社での反天連の極左デモ vs 日本第一党さん(旧在特会さん) - YouTube 

 

「日本から出ていけ❗」「このバカヤロー❗」「帰れ帰れ❗」......。

様々な罵詈雑言が反天連のデモ行進に叩きつけられました。

僕も力の限り大声をぶつけました。

それでも奴らは、したり顔で平然とデモ行進を行うばかり。

中にはこちらの様子をデジカメ📷で撮ったりしながら行進してる者もいました。

それと、毎年カウンターデモに参加するたびに思う事なのですが、反天連を取り囲む警察や機動隊のあの多さにすごく違和感を感じるのです。

ハッキリ言えば、警察という職業は市民の安全と社会の秩序を守る立場にいる、いわば国家の公僕たる存在です。

決して私利私欲を目的とした職業ではなく、国家の下に位置し、最終的には国体を守るべきはずの警察官という職務に就きながら、何故反天連のデモを許可し、あろうことかそのデモ隊を警備するのか。 

おかしいと思いませんか!?

この事については、桜井誠氏も毎年カウンターに来た人たちに問題提起していますし、桜井さん自身も直接警官と衝突するようです。

批判されている当の皇室、天皇陛下はいくら国民から罵られようが嫌味を言われようが蔑まれようが、憲法上何一つ言い返す事はできないお立場におられます。

それをいいことに、こんな不敬で悪質なデモを日本国内でやらせていいものか。

また、そんな輩どもを警察が守っているのは一体どういう事なのか。

これを絵図にしてみると、実に滑稽ですよね。

抗議している僕たちの姿さえ滑稽にみえてきて、なんなんだ?この国は   と。

 

 ⬇⬇【機動隊にも激怒!桜井誠氏 東京九段下 反天連を殲滅せよ 2017/8/15】YouTubeさんから。

機動隊にも激怒!桜井誠氏 東京九段下 反天連を殲滅せよ 2017.8.15 民進党さんたちch - YouTube 

 

今年の反天連の数は、聴くところによると80数人だったといいます。

対するこちら側カウンターの人数は、雨の影響で例年より少なかったようですが、なんと1000人くらいと聞いた時、近い将来いつか必ず反天連を撃滅し、この不敬なデモ行進を無くす事ができると確信しました❗

そのためには、絶えず反天連にカウンターを浴びせかけ、確固たる意志をもって国体護持、皇室安泰をネットなり街宣なりで呼び掛けていく事が日本を守る事に繋がるのだと思います。

もちろん、そうする中でいろいろな妨害もあるでしょう。

しばき隊、在日の嫌がらせや脅迫もあるでしょう。

しかしそれに怯んでいては、正しい事が闇に葬られ、守るべきものも守れないと思います。

デモや街宣に参加するのがどうしてもハードルを感じるのであれば、例えばデモ、街宣を遠巻きに見ながら拍手を送ったり、声援を送る事だけでもいいのです。

拉致被害者奪還の街宣などであれば、一般人を装って署名したり、群衆に紛れて「頑張って下さい!」と声をかけるのだけでも立派に参加してる事になりますよね。

簡単に言えば「サクラ」なのですが(笑)

最近聞いた話では、そんなサクラが広く国民に周知させるのに最も力強いというのです。

普通の道行く人たちが、近くに声援や拍手を送っている人を見ると、何だか聴いてみようかな...?  何を訴えてはるんやろう...? と自然と気になってしまいますよね。

そう考えると、サクラもひとつのデモ活動、街宣活動という事になります。

デモや街宣に直接参加するのも大事ですが、それをもり立てるいわゆる裏方的な存在も無視できないと。

だから、そういうのに参加するのを躊躇している方々は、はじめはそういったカタチから入っていくと良いと思います。

実際、桜井さんも10年前、反天連のカウンター抗議をした時集まった人数は僅か20人で、200人の反天連デモ行進に訴えたと仰っていました。

その時も警察にカウンターする場所を指定され、辺鄙な目立たない場所に連れて行かれたそうです。

20人 VS 200人   どちらが優位なのかは歴然としています。

敵うはずありませんよね。💦

それが今は、2000人、3000人もの人が九段下に結集し、当時に比べて見る影もないくらい弱体化した単なるジジババ集団と成り果てた反天連との立場を見事に逆転させました!!

もう少しです。反日逆賊の息の根をとめられるのは。

一人の声が二人になり、五人になり、十人になり、そしてそれは次第に大きな塊となって強い光を帯び、日本を護る後光と輝きさんざめく......。✨✨✨

そこから道は必ず開けるはずなのです。

共に手を取り合い、共に助け合い、共に戦っていく。日本の明日に向かって......。
f:id:aikokuken-ryuji:20170820224829j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820224927j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820224942j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225041j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225147j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225208j:image

 

最後に余談ですが、この日父母と弟は、靖國ではなく地元大阪の天王寺にある、旧真田山陸軍墓地にて『万灯会(まんとうえ)』という行事に参加していました。
墓前にひとつひとつ、蝋燭をたてて灯を点し、英霊様に感謝と祈りを捧げるというものです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225700j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225722j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170820225734j:image
地元の方はもちろん、何かの機会で大阪に来る事があれば、是非立ち寄ってみて下さいませ。m(_ _)m

 

●アクセス👉👉真田山陸軍墓地 日本、〒543-0013 大阪府大阪市天王寺区玉造本町14−83 https://g.co/kgs/Jx5xF1 

 

前・後編と2回にわたり8月15日『終戦の日』について書かせていただきましたが、どちらも少し長くなってしまい大変申し訳ありません💦

最後まで読んで下さった方に、感謝申し上げます。🙏

まことに、ありがとうございました。

これからも、aikokuken-ryujiをよろしくお願い致します🙇

 

                                @2677/ 8/ 21/ 草稿

2017.8/15 『終戦の日』に日本人が想う事とすべき事...。【前編 ~靖國神社参拝 英霊に感謝と祈りを~】

皆様、こんにちは。aikokuken-ryujiです。

先日、前回の冒頭でも書きました、8月15日『終戦の日』に靖國神社に参拝させていただく為、前の日の14日の夜から東京に行ってきました。

もちろん新幹線で(笑)

なんか天気予報では、15日東京は雨模様だときいておりましたので傘を持参、そんなに降りはしないだろうと軽く考えていたところ、いざ東京駅に着いてみるとすでに激しい雨が降り注いでいるのを窓越しにみとめました😨💧☔

ありゃー❗ てなもんで東京駅から中央線高尾行きに乗り換えて三鷹に向かいました。

何故三鷹まで行くのかと言うと、駅前に何度か行った事のあるネットカフェで一夜を過ごそうというプランがあったからです。(ホテルとかやったら宿泊代だけでも高くつくもので💦)

そしていざ、三鷹に来たはいいですが、あてにしてたネットカフェがすでになくなっていました(笑)

またまた、ガーン😱💥💧💧

仕方なく吉祥寺まで出てネットカフェ検索、駅近くにあるとの事で急遽そこに泊まることにしました😂

のっけからトラブってもうて、明日大丈夫かな...  と懸念しつつ眠りにつきました。

そして運命の8月15日がやってきて、ネカフェを5:30に出て、中野から乗り換え、地下鉄で九段下に向かいました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170816223416j:image

☝朝の吉祥寺 サンロードです🎵

 

とまぁ、個人的な戯言はこの辺で置いといて(笑)今回のブログは、前・後編に分けて8月15日『終戦の日』に靖國神社に参拝した事を前編に、その日の夕方から九段下の靖国通りで行われた国賊集団『反天連(反天皇制運動連絡会)』の反日不敬デモ行進に対する迎撃カウンターデモに参加した様子を後編にもってきて、二部にわたり書かせていただこうかと思いますので、毎度拙い文章ではございますが、お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 

 

僕は毎年、この日には靖國神社に参拝させていただいております。

初めて靖國を訪れたのは、確か2014年頃だったと思います。

当時は、Facebookをメインにネットでの愛国活動やそれと平行してのデモ行進、講演会を拝聴などの活動をさせていただいておりました。

そういった活動をしている中で、やはり『終戦の日』には靖國神社に参拝し我が国を守る為に散っていかれた英霊様に感謝と祈りを捧げなければならないと確信し、今日に至るところと相成りました。

昨年などは、月イチのペースで東京に行き、靖國神社(ほかに東郷神社千鳥ヶ淵戦没者墓苑などにも行きました😌)を参拝させていただくまでになり、その度に国を守る事はなんだ、かつての英霊様のように国難に瀕している日本を守る為に自分たちができる事はなんぞや❔と自問自答していました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170816225808j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816225919j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816230108j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816230143j:image
しかし、靖國神社に祀られる英霊の方々は、戦後の教育やメディアの偏向報道などで侵略戦争を起こした犯罪人として間違った認識を広められ、貶められ続けています。

それを思うと、靖國神社に参拝する事自体が現代日本人として当たり前の行為であり、また英霊様に感謝と祈りを捧げるのが何ら特異な事ではなく、この戦争もなく平和な日本で個々の生活を営めているのは、元はと言えば英霊様のお陰だから、靖國神社の御霊に頭を垂れるのは当然の事だという結論に達します。

靖國神社に参拝し、英霊様に感謝と祈りの念を捧げる事こそが、まず自分たちができるこの国を守る行為の一環だと思います。

 

今年は、例年とは違い、早朝から拝殿に参拝させていただきました。

毎年もう9時、10時くらいの時刻になると拝殿を参拝する方々が行列を成してしまうのですね。

昨年は、カンカン日照りで気温も35℃くらいあったと思います。その中を行列に並ばなければなりませんでしたので、かなり辛かったです(><;)

宮司さんや巫女さんも、「熱中症にお気をつけ下さい!」と必死で何度も呼び掛けていたのをおぼえています。

ミストやスポットクーラーなども至るところにありました。

ですが今年は、雨という事もあって気温は若干低かったものの湿度がある程度高く、ちょっとムシッとしていました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170816231633j:image

f:id:aikokuken-ryuji:20170816231726j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816231746j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816232011j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816232024j:image
雨は降りみ降らずみ、終始微妙な天気で参拝を終え、あちらこちらを写メりながらブラブラしていました😅

f:id:aikokuken-ryuji:20170816232234j:image
大村益次郎銅像も元気そうで...思わず嬉々としちゃいましたw
f:id:aikokuken-ryuji:20170816232707j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816232725j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170816232737j:image
こちらは、動物たちの像です。
上から、鳩、馬、犬......人間の英霊様だけでなく動物たちも我が国の為に健気に戦ってくれました。

動物といえど、立派な英霊様です(^^)

こういう、人だけでなく動物までも慰霊する姿勢が、外国とは異なるところ  と言えるでしょう✨

ましてや犬猫を食する鬼畜支那朝鮮人には到底理解できない境地であるのは言うまでもありませんよね!!

あー、日本人でよかった❗🎌\(^o^)/🎌

 

f:id:aikokuken-ryuji:20170816234115j:image

そしてこちらは、特攻隊の像です。

凛としてますね~(゜▽゜)  今まさに特攻せんとする意気込みが伝わってきますね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170816234921j:image
そして靖國に一度でも行かれた方にはお馴染みのラダ・ビノード・パール判事のご登場です(*^^*)
この方は、戦後の極東軍事裁判(俗にいう東京裁判)で、日本は自尊自衛の為に戦争を起こした。すなわち侵略戦争などでは無い❗と仰っていただきました✨

 

そんなこんなしてるうちに、能楽堂前で白鳩が空へと放たれるイベントが10時から始まったので、そちらに赴きました。

f:id:aikokuken-ryuji:20170817110429j:image
白鳩が曇天の大空へと放たれる瞬間が、こちらです⬇⬇
https://twitter.com/Ryuji_ILJ2676/status/897272154416218113?s=09

「英霊様、ありがとーー!!」の言葉とともに白鳩の群れは美々しいまでの羽ばたきをみせてくれました(*^▽^*) 

 

白鳩のイベントが終わると、遊就館に行きました。

遊就館には、日露戦争大東亜戦争時の記憶そのものが展示品とともにあります。

真の歴史を知る事はもちろん、すべての世代に痛切なる光と影を投げ掛けて、戦争とは何か、国を守るとはどういう事だったのか  という素朴な疑問に無言で答えてくれるはずです。

一階はお土産屋さんや食堂『結い』がありSL機関車や零戦が悠然と、展示されているのに迫力と感動をおぼえます。
f:id:aikokuken-ryuji:20170817165612j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170817165632j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170817165745j:image

下の2枚は、大展示室のみ写真撮影可でしたので、撮ったものです📷✨

(ほかの展示室は写真撮影禁止で、拝観のみ)

f:id:aikokuken-ryuji:20170817165813j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170817165942j:image
日露戦争で、史上最強の連合艦隊を率いた東郷平八郎元帥の肖像画もステキでした😍💕
「皇國ノ興廃、此ノ一戦ニ在リ 各員一層奮励努力セヨ」と旗艦『三笠』に掲揚されたZ旗のたなびきが彷彿とされますね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170817170729j:image

零戦も好きで、以前雑誌と模型がセットになった本を買っては零戦を棚に飾って楽しく眺めていた事もありました(^^)
その証拠に、ブログのアイコンの背後にある(カバー写真...  でいいのかなぁ❔ 笑)画像は、日の丸の小旗を背景に模型の零戦を撮影したものにしています💕✨
f:id:aikokuken-ryuji:20170817174057j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170817174137j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170817174200j:image
近々、下の2枚のどちらかにカバー写真変更しようかと思ってます。🎶

それはさておき、遊就館には、様々な資料や展示品があり、さらに靖國神社が初期の『招魂社(しょうこんしゃ)』だった時の歴史から今の靖國に至るまでの成り立ちなど、訪れる拝観者を感動させ、認識させ、自らのアイデンティティーを呼び起こさせてくれる強い力をもっているように思います。

まだ行ったことのない方などは、是非一度行ってみて下さいませ。

拝観料は、大人800円、大学生(短期大学生・専門学校生などを含む)は500円、中・高校生300円、小学生は無料です(#^.^#)

 

遊就館で英気を養い外に出ると、雨がまだしつこく降り続けていましたが、お昼を過ぎると拝殿に参拝しようと大勢の人が長蛇の列をつくりあげているのを見た時、

「こんなひどい雨降りにもかかわらず、これだけたくさんの人が靖國神社に来て、英霊様に頭を垂れ、感謝と平和の祈りを捧げているんだなぁ。」と、靖國神社の放つ目に見えない力に、ただただ感心するばかりでした。


f:id:aikokuken-ryuji:20170818170411j:image
ほかにも、普段は人も少なく閑散としている靖國神社境内やその周辺で『終戦の日』ならではの賑わいと様々な光景を目にしたので、画像を載せておきます。

これらの光景は、だいたい毎年のように見られますね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170818170539j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170818170601j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170818170616j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170818170631j:image

大村益次郎像を通りすぎて少し歩いた先の右側に位置する売店と飲食店がいっしょになった場所に落ち着き、土産物を物色(笑)しながら時間を潰していると、ベンチで喇叭(ラッパ🎺)の音色が聴こえてきて、次の瞬間、軍歌を歌う人たちの勇ましい声が雨音に混じって聴こえてきました。
帝国陸軍の軍服を着込み、喇叭(欧米ではビューグルというらしい)を吹くおじさんと、それを取り巻く人たちの歌声......。

海ゆかば』『同期の桜』『暁に祈る』などの正統派軍歌を聴くと、なんだか嬉しくなり思わず口ずさんでしまいました(^^)🎵

 

⬇⬇【海ゆかば


 

⬇⬇【同期の桜】


<軍歌>同期の桜 - YouTube 

 

⬇⬇【暁に祈る】


暁に祈る〈軍歌・戦時歌謡〉 - YouTube

 

よくカラオケで歌ったな~(笑)  最近、全然行ってないけど💧

また行こうかな?(^▽^;)

 

ここで先程出てきた喇叭について少しだけ豆知識🔎的な説明を書いてみますと、我が国にビューグル(ラッパ、喇叭)が紹介され持ち込まれたのは幕末まで遡り、慶応元年にイギリスの歩兵操典(英国歩兵練法)が翻訳された際に、信号喇叭譜(喇叭譜、らっぱふ)が紹介されたといいます。
f:id:aikokuken-ryuji:20170818175454j:image

その後、日清戦争などでも旧陸軍によって用いられ軍隊内での起床や、点呼などに使われました。

⬇⬇下記リンク【旧陸軍喇叭】biglobeさんから。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~the_whirlwind48/kyu.html
‹ŒŒRšh™Ú 

 

土産物も買って、トイレ前の喫煙所で一服してしみじみと歌を聴いていると、その向こうにある白いテント内とその周囲に集っている人たちの姿をみとめました。 

『靖國の心を未来へ  感謝の心をつなぐ青年フォーラム』という講演会です。

この催しも、毎年行われています。

今年は、第三回目とまだ浅いですが、いろんな方々が講演をし、若い世代に靖國神社と英霊様への想いを引き継いでいってもらおうというすこぶる前向きな課題のフォーラムは、これからも続けていってほしいと思います。

講演には高須クリニックの高須院長、沖縄から来られた我那覇真子さんが講演をされました。

特に我那覇真子さんの講演は、YouTubeでみましたがグッと胸に突き刺さるものが感じられました。

物事を省みて、前進する  そして国を、故郷を想って生きていく......。

まさに今の若者に足りない志、しかしながら、このような心を一人でも多くの若者に持ってもらいたいと考えさせられる素晴らしい啓発的な内容でした。

 ⬇⬇【我那覇真子さん  靖國神社で感動的な講演! 日本と世界の未来を担う若者からの提言】YouTubeさんから。

 
我那覇真子【靖国神社で感動的な講演!日本と世界の未来を担う若者からの提言】 - YouTube 

 

我那覇真子さんは、沖縄県名護の出身で、名護市といえば沖縄でも左派意識が強く色濃い地域として知られていますよね。

前(現?)名護市会議員は、かつて皇太子殿下であらせられた明仁親王と美智子ご夫妻が、沖縄に御訪問された際、ひめゆりの塔で当時過激派だった川野純治という男が、明仁親王殿下、美智子妃殿下に対し火炎瓶を投げつけたあまりにも不敬な事件を起こしました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170818182525j:image

この手前の男がそうです。彼が今は名護市の市議会議員になっているところから推察すれば、そんな酷い地域から我那覇真子さんのような立派な考えを持った若い人が出てくるなんて......と誰しもが思ったに違いありません。

こういう凛とした方が、若い世代からもっともっと生まれて小さな渦巻きから大きなうねりとなって、日本はいつの日か誇りを取り戻し、立派な精神を蓄えた「日本国」として再興する事を祈願しています。

 

最後に『青年フォーラム』で童謡「故郷」を歌われた山口采希さんの歌の動画で、前編を締めくくらせていただきます。


【故郷】山口采希ライブ【靖国神社・感謝の心をつなぐ青年フォーラム】 - YouTube

 

長くなってしまいましたが、終わりまで読んで下さり、ありがとうございました🙇

ー後編に続きます。

 

                                 @2677/ 8/ 18/ 草稿

アニメから学ぶ古き良き日本と日本人の「こころ」......そして愛国心🎌

皆様、こんにちは。aikokuken-ryujiです。

暑い中、どのようにお過ごしになられているでしょうか。

前回のブログでは、前置きに只8月にはいって暑中見舞いを申し上げただけだったのですが、実は、8月  という月は我が国にとって種々考えさせられる事の多い月なのですね。

8月6日は、1945年(昭和20年)、広島に原爆が投下された日。

大東亜戦争末期、アメリカが核兵器リトルボーイ』を初めて広島市に使用した、文字通り人類史上初の核による大量殺戮を具現化した日本国民にとって決して許す事のできない、忘れる事のできない日ですね。


f:id:aikokuken-ryuji:20170806182014j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170806182025j:image

そして、その3日後には長崎に続けて、原子爆弾が投下されました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170806182844j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170806182906j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170806182927j:image


この広島、長崎への原爆では罪もない多くの尊い人命が失われてしまいました。

その方々に、現代に生きる我々は、ただひたすら黙祷、そして二度とこのような惨事が起きないようにと祈念するばかりであります。😢

 

そして8月15日。この日は普段ブログを読んで下さっている皆様にとっては、すでにご周知だと思います。

終戦の日』ですね。

すなわち、日本がポツダム宣言を受け入れ、昭和天皇による詔勅がラジオを通じて、日本国民の耳に痛切な程に届いた屈辱的なあの日です。

この来る終戦の日、日本国民は粛々と英霊様に頭を垂れ、感謝と追悼の念を持たなければなりません。

靖國神社に祀られる二百四十六万六千余柱の英霊様は、現代日本人が参拝されるのを心から嬉しく思っておられるに違いありません。

一人でも多くの日本人が参拝されるのを、仏様になられた英霊の方々は、待っておられるはずです。

8月15日 終戦の日には、靖國神社、各地の護国神社に参拝させていただきましょう❗
f:id:aikokuken-ryuji:20170808165917j:image
だいぶ前置きが長くなり、すみません💦

それでは、今回のブログの本題にうつらせていただきます。

 

今回は、アニメを通じて古き良き日本、日本人のこころ  そして愛国心を皆様とともに学んでいこうと思います。

日本のアニメは、昔からいろいろありますが今はすごくリアルと言うか、書き方も何もかも従来の「漫画らしさ」を超えるものとして定着していますよね。

そんな中でも、従来の「漫画らしさ」を保っているアニメも少なからずあります。

最近で言うと、『ワンピース』『進撃の巨人』『プリキュア』『名探偵コナン』などが人気ですね。

もっと奥深いマニアックなところまでいくと、もっといろいろあるかもしれませんが、あまり詳しくないので上記に挙げた作品くらいしか最近のは知らなくて......σ(^^;)  スミマセン💧

さて、そういったアニメ作品のある中で、とりわけ僕自身が胸をうたれた作品を今から3つほど挙げていきたいと思います。

 

まずひとつ目。

これは僕の子供の時に夏休み子供劇場かなんかで放映されていたアニメで、朝に布団の中で観ていたのをおぼえています。

三丁目の夕日』 

 原作は西岸良平で、原作の連載自体は1974年9月20日号より連載。

1955年から1964年まで(昭和町30年代頃)の「夕日町三丁目」を舞台としています。

アニメ放映は、だいぶ経ってからの1990年10月からでした。

そしてそのまた後年、『Always 三丁目の夕日』と題して二度にわたって実写映画化もされましたね。

実写化の方が、記憶に新しいかもしれません。
f:id:aikokuken-ryuji:20170808223121j:image

僕は最初テレビでみた時、子供ながらに何だかすごく懐かしい感じがしました。

映像全体から感じられる古臭さ(?)が、妙に穏やかな風情をそよ風の如く送り、いろいろなエピソードを綴る独特の世界観に自然と呑み込まれ、子供なのに何故だか心が平和になる、心が安らぐ  みたいな強い印象が今でも残っています。

とりわけ、オープニング・テーマとして流れる富田靖子が歌う『恋かくれんぼ』の叙情的メロディーがすごく好きでした🎵

 

 アニメ『三丁目の夕日』オープニング映像。YouTubeさんから。⬇⬇


三丁目の夕日 OP - YouTube

 

この『三丁目の夕日』は、戦後10年余りしか経っていない、日本のいたるところがまだ貧乏で、いたるところが空き地だらけで、今のようにアスファルトの舗道があるわけではなくほとんどが砂利道で、家や学校などの家屋も鉄コン筋クリート(もとい💦  鉄筋コンクリートww)のような綺麗なものではなく、ほとんどが木造などによるものでした。

いわば、来るべき高度成長期の前夜だったわけです。

そんな状況下で語られる様々なエピソードは、楽しい話もあれば悲しい話もある、、滑稽な話もあれば深刻な話もあるわけで、それはその時代を生きた人にしか良さなり何なりがわからないものですよね。


f:id:aikokuken-ryuji:20170809190957j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809191014j:image

僕なんぞは、いわゆる『新人類』と呼ばれる世代のもひとつ次の世代なので経済的にも物質的にもある程度安定していたので、『三丁目の夕日』で繰り広げられる世界とは少し異なるものです。

あの頃は日本中が貧しかった......。

しかし、それに伴って日本人が現代人に比べてまだ「こころ」という精神的支柱をしっかり持っていた時代でもありました。

何もかも行き届いていない時代だったからこそ、無い物ねだりをする、欲しいものがあれば自分で努力なり倹約なりを考え、最終的に我慢、忍耐が物をいい、達成、得ることができたと言えると思います。

ところが今の時代は、物質面では手に入れるのに何ら支障が無い。欲しければ何でも安くで手に入り、安かろう悪かろうでもそれになんとなく中途半端な満足をおぼえてスルーしている。

これでは、物の有り難みが薄らいでしまいますよね。

三丁目の夕日』の子供たちは、メンコ、ベーゴマ、かくれんぼ、缶けり、電車ごっこ等、時には自分達で面白いと思う遊びを考えたりして遊んでいました。

メンコにしてもベーゴマにしても、いかに相手に勝つか、強くなるかを自分たちで工夫したりとまさに日本人の持つハングリー精神と言いますか、そういうものを持っていたように思います。

今の子供たちは、中には昔ながらのかくれんぼや鬼ごっこで遊ぶ子もいますが、そのほとんどがテレビゲーム📺❇ですよね。

かく言う僕も、ちょうどファミコン(初代のファミリーコンピュータ)が出始めた頃の世代だったのでゲームもしていましたが、それと同時にザリガニ釣りや田んぼで泥まみれになって遊んだりもしていました。

僕の子供の時分は、今よりまだ田地田畑が多かったように思います。

大人の場合もそうですよね。前にブログで『サザエさん』についても触れましたが、昭和30年代のお年寄りというとだいたいが明治、大正生まれの年代で、現代のお年寄りとは比べ物にならないくらい厳格で、古風で、浮わついておらず、躾に厳しい、肝の据わった方ばかり。

自分の子も他所の子も、同じ扱いで可愛がり、また厳しく叱りつけていたようですね。

そういうお年寄りが、家や近所にいてくれたからこそ、秩序が保たれていたと言えるでしょう。

つまり、『三丁目の夕日』には現代人が失ってしまった何も無かったけれど、そのおかげで大切なものを常に持ち続けている事ができた。

それは「こころ」です。

戦中、戦後間もない頃を通して贅沢が悪と見なされていた時代、日本人はそのほとんどが感謝のこころを持って日々生活を営んでいたものだと僕は思います。

先ほど言いましたが、その時代を生きた人にしかわからないものがありますが、僕は「感じる」事はできないとわかっていても「わかる」事だけはしたいです。

何故なら、今を生きる現代人も、あの時代を生きた人の血を受け継いで生きている、ルーツある日本人にほかならないのですから。

 

always 三丁目の夕日』は話題になったようですが、好きな人には申し訳ないですが、実写版を観た限り、アニメのような懐かしさ、昔臭さが何だか僕には伝わってきませんでした😥

あの西岸良平の描くほのぼのとしたキャラクターの輪郭などがそう思わせているのかもしれませんが(笑)

三丁目の夕日』では鈴木オートを経営する鈴木一家と田舎から上京してきて、住み込みで働く従業員の六ちゃんを中心に、まさにその時代を反映する個性豊かなキャラクターが出てきます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170808232821j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170808232856j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170808233021j:image
上は、作家の茶川先生と実子ではないが生活を共にしている淳之介、母代わりの存在であるヒロミ。
いずれも実写版にも登場します。

彼らと夕日町三丁目の住人が織り成す、悲喜こもごもの人間模様は、ふと胸がつまったり、思わず微笑んでみたり、一時として同じ表情で見てはいられないですね。

皆様も、機会があれば漫画なりアニメなりを一度観て読んでみてはいかがでしょうか。

特に若い人たちには、こんな時代もあったんやー!!とはじめてわかる事が盛り沢山で楽しいと思いますヨ🎵

 

それでは、続いてのアニメにいきたいと思います。

ズバリ、国民的ヒーローの名をほしいままにした愛と正義と勇気の象徴、、

アンパンマン


f:id:aikokuken-ryuji:20170808233958j:image

これも子供の頃によくテレビで見ていました。(*^^*)

ちなみに、こちらが初期のアンパンマン
f:id:aikokuken-ryuji:20170809202830j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809202843j:image
なんかどことなく、朴訥としていますよね(笑)

とても悪者の立場にいるバイキンマンと戦う気骨が感じられない......というか、なんだかそれ以前に、瓢然と現れた感がアリアリ。

とても正義の名のもとに悪と戦うヒーロー  という印象が欠けているような気がします。

しかし、作者のやなせたかし氏は、アンパンマンのヒーロー像を、単に勧善懲悪のテーマだけにしぼって生み出したわけではないらしいです。

それは、漫画やアニメを拝見すると、自ずと判ずる事ができました。

「愛と勇気」です。

一体何が愛と勇気なのかと言うと、いつもアンパンマンは空を飛んでいると、何か辛い事や嫌な事があったのか、幼い子供が(と言っても、クマさん🐻や象さん🐘などの小動物が子供に扮してる感じ?)泣きじゃくっているのをみとめると、ヒューンと降りていって自分の顔の一部(無論、あんパンw)を子供に分け与えて元気と笑顔を取り戻してもらおうとします。

するとさっきまで泣きじゃくっていた子供は、アンパンマンの優しさに触れ、ひときれのあんパンを口にすると笑顔でアンパンマンに心からのお礼を言いますよね。

これこそが、アンパンマンが愛と勇気を身を以て実践しているヒーロー像なのです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170809204208j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809204220j:image
アンパンマンは、何もバイキンマンが心底憎いわけじゃない。ただ、無抵抗で成す術もない弱い人たちを困らしたりする時だけ、アンパンマンは、お仕置き  程度の制裁アンパンチ❗👊💥  をバイキンマンに喰らわすだけに止めています。

しかし、バイキンマンは毎回悪さをしたりします。

その時はまたアンパンマンがアンパンチを与え、お仕置きをする。

こう考えるとなんだか母と子の日常みたいな絵が背後に浮かんできませんか?

つまりアンパンマンは、その都度悪さをするバイキンマンを「成敗」するのではなく「お仕置き」をしているのですね。

その証拠に上のキャラクター全員集合の画像にも笑顔ではしゃぐバイキンマンがちゃんといますよね。

アンパンマンは、悪を完膚なきまで倒すというヒーローではなく、むしろ弱者に手を差し伸べるサクリファイス的な行為でもって人々に幸せを与える心優しきヒーローなのです。


 【言葉ってすごいね(5)完】正義の味方はカッコよくなんか、ない…やなせたかしさんの物語
2014.1.19産経ニュース  やなせたかし


【言葉ってすごいね(5)完】正義の味方はカッコよくなんか、ない…やなせたかしさんの物語 - 産経WEST

 

それが今までのアニメとはまた違った強い印象を与えたからこそ、アンパンマンは世代を越えていつまでも子供たちのヒーローたる所以なのだと思います。

 

それと、もうひとつ☝(またまた『相棒』の右京ではないですがww)アンパンマンについて触れておきたい事があります。

それは、皆様も一度は聴いた事があるであろう「アンパンマン・マーチ」についてです。

最初に歌詞を掲載しておきます。

 

アンパンマン・マーチ』作詞:やなせたかし  作曲:三木たかし

 

♪そうだ うれしいんだ
  生きる よろこび
  たとえ 胸の傷がいたんでも

 

  なんのために 生まれて
  なにをして 生きるのか
  こたえられないなんて
  そんなのは いやだ!

  今を生きる ことで
  熱い こころ 燃える
  だから 君は いくんだ
  ほほえんで
 

  そうだ うれしいんだ
  生きる よろこび
  たとえ 胸の傷がいたんでも
  ああ アンパンマン
  やさしい 君は
  いけ! みんなの夢 まもるため

 

  なにが君の しあわせ
  なにをして よろこぶ
  わからないまま おわる
  そんなのは いやだ!
  忘れないで 夢を
  こぼさないで 涙
  だから 君は とぶんだ
  どこまでも 

 

  そうだ おそれないで
  みんなのために
  愛と 勇気だけが ともだちさ
  ああ アンパンマン
  やさしい 君は
  いけ! みんなの夢 まもるため

 

この歌詞についてですが、ネット上で都市伝説として語られている「アンパンマン・マーチと神風特攻隊の関連性」と照らし合わせたところ、いくつか特攻隊員の気持ちとシンクロしている箇所がいくつかあるように思いました。

特に一番の歌詞などは、「なんのために生まれて  何をして生きるのか  こたえられないなんて  そんなのはいやだ!」とあり、その次のサビの部分では「今を生きる ことで  熱い こころ燃える  だから君はいくんだほほえんで......」と続くあたりはまさに『今を生きる』=『日本を亡国から救うために自分ができること』に繋がる一大決心であると。

その結果、特攻隊の若き尊き命が御国の為に散華されていったのです😢

すなわち、『アンパンマン・マーチ』の歌詞を深読みすると、神風特攻隊と限りなく近い位置に座するともいえるのではないのでしょうか。


 【本当は深い  アンパンマンマーチ】YouTubeさんから。⬇⬇


本当は深いアンパンマンマーチ - YouTube

 

確かにこの説に関しては、否定的な意見も多々あります。

しかし、僕はあまりにも『アンパンマン・マーチ』と神風特攻隊の関連性がありすぎる......と思ってしまうのです。

ブログを読んで下さっている皆様も、それぞれご意見や認識が千差万別あると思われます。

アンパンマン......世代を越えていつまでも弱者の、子供たちのヒーローとして認知されていってほしいですね。

 

さて、それでは最後になりましたが、3つ目のアニメにうつります。

3つ目は、テレビアニメでも幼児の心を鷲掴みにした『クレヨンしんちゃん』の劇場映画9作目となる『クレヨンしんちゃん  嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』について書いていきたいと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170809212102j:image

映画公開は、2001年4月21日。上映時間は89分。興行収入は約15億円という事でした。 

ちょうどミレニアムから一年後の2001年公開で、20世紀と21世紀の拮抗みたいな内容となっています。

物語の概要をザックリ簡単に書きますと、しんのすけ一家の住む埼玉県春日部に『20世紀博』なる1970年大阪で開かれた万国博覧会をまんま模したようなテーマパークが出来、春日部の大人たちは連日通いづめ、昔の青春を懐かしんでいた。

だが、大人たちに連れられてやってきたしんのすけ以下、子供たちは退屈で仕方ない。

そんなある夜、テレビで『20世紀博』の"大事なお報せ" を聞いた途端、しんのすけの両親・ひろしとみさえは人が変わったようになってしまう。まるで大人の体のまま心は童心へと還ったように。

それはふたば幼稚園の友達、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんの両親も同じだった。

翌日、大人たちは「証城寺の狸囃子」のメロディを刻むトラックに乗せられて(或いは自主的に乗って)春日部の町から連れ去られた。

残ったしんのすけと仲間たちは、両親を取り戻すべく行動を起こす。

両親を連れ去ったのは『イエスタデイ・ワンスモア』と名乗る組織で、21世紀の未来を自分たちの手でなきものにし、代わりに自分たちの想い描く21世紀を作ろうと企む者の仕業だった。

しんのすけ達は、自分たちの未来と両親の心を取り戻す為奔走する......。

と、こんな感じですかね?

 

【映画クレヨンしんちゃん『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』予告編】YouTubeさんから。⬇⬇


「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 予告編 - YouTube

 

この映画は、クレヨンしんちゃんの劇場版のなかでも特に好きな、そして泣いた映画でしたね😭

何故そんなに泣いたのか  と言いますと、物語中盤で『イエスタデイ・ワンスモア』春日部本部の中で難を逃れたしんのすけと妹のひまわり、飼い犬のシロが内部で迷っていると「EXSPO'70」とプレートの掛かったドアを見つける。

中では1970年当時、万国博覧会に来ていた幼いひろしと両親の姿があった。

そこにしんのすけが乱入(笑)し、『イエスタデイ・ワンスモア』の作り上げた昔の匂いに対抗する今の匂い(臭い? 笑)としてひろしの靴の悪臭を幼きひろしに嗅がせ、意識を現実に戻そうとするしんのすけ

その過程で綴られる映像の数々が、涙を誘いました。

幼き頃は、自転車で父の後ろに乗って釣りに行った思い出、成長して学生の青春を謳歌、結果悲しい想いで終わってしまった思い出、埼玉に上京して双葉商事に入社し先輩から教えを乞いながらついて回り、時には仕事でミスり上司から叱られるも同僚たちから励ましてもらった思い出、そして現在の妻となるみさえとのお付き合い、さらに結婚後第一子となるしんのすけの誕生を夫婦で喜びあい、今の家に引っ越してきて新しい生活を幸せいっぱいでスタートさせる思い出、第二子ひまわりの誕生、四人(シロを入れて四人と一匹w)となった家族で自分の幼き頃のように自転車の後ろに我が子を乗せて同じように釣りに出かける家族......  それらがすべて映像だけで流れていくところでは本当に涙が溢れてくるとともに胸の奥で熱いものが沸き立つような気持ちになりました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170809215621j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809215649j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809215707j:image


そして、足の悪臭(笑)で、ようやく現実に戻るひろしとみさえ。
f:id:aikokuken-ryuji:20170809215530j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809215546j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170810085914j:image

本当は笑うところなのでしょうが、何故かホロリ、ホロリと来てしまうのがクレヨンしんちゃんの劇場版に随所みられる憎い演出ですよね。

さらに野原一家が『イエスタデイ・ワンスモア』のリーダー、ケンとチャコと対決する為爆走する下りは、涙なくしてはみれません。

仮想空間で「高校三年生」を口ずさみながら巡回しているお巡りさんに、ひろしが胸ぐらを掴み「おい、出口はどこだ!?教えてくれ。早くここから出ないと懐かしくて頭おかしくなっちまうんだよ!!」と涙を流して訴える様は本当に泣きます。

すごく切ないですよね。本当ならあの頃に戻りたい......しかし愛すべき家族を得た今、家族と共に未来を生き抜いていきたいという想いが交錯してしまう。

それは家庭を持った大人しか感じられない唯一無二の感情ですね。

また、挿入歌も昭和をリアルタイムで生きた人にはこたえられない昭和の歌が盛り沢山。

『白い色は恋人の色』🎵ベッツイ&クリス /  『今日までそして明日から』🎵吉田拓郎  など懐かしい曲が流れ余計に涙腺を刺激してきます。

僕はこの頃の歌なども好きで、若い頃よく聴いていたものなので、オート三輪蕎麦屋の出前持ちが普通に砂利道を走っている時代に同化できなくても何だか懐かしさで目頭が熱くなってきます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170809221136j:image
ケンとチャコは、昭和の人間誰しもがこころを持っていた貧しくも懐かしい時代に、今の空虚な現代を塗りつぶして理想郷を作ろうとしていました。

日本人が真に「こころ」と「未来への 希望」を持っていたあの頃へともう一度帰依しようと。

でも、21世紀を家族と共に生きていきたいしんのすけは、傷つきながらも、体が疲れながらも、最後には息も絶え絶えにケンとチャコの計画を阻止しようと最後まで頑張りぬきます。

その勇姿をみて、また涙が......😢😢😭😭
f:id:aikokuken-ryuji:20170809221708j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809221724j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170809221735j:image
まぁ、5才児なのでオチはお笑い的なものになりましたが、それでも大人になりたい、家族と共に未来を生きていきたい  という強い想いはケンとチャコ、そして20世紀博の仮想空間で生きる人々の心にも直接的に響いて、ケンの作り出した『懐かしい匂い』を世界中に散布させようとしましたが、匂いのレベルか最低まで下がり、結果としてケンとチャコの計画は失敗に終わりました。

チャコ「(涙ぐんで)......おしまいね......」

ケン「(低く)......あぁ......」

チャコ「でも私、外へは行かないわよ」

ケン「......わかった」

そこへひろし、みさえ、ひまわり、シロがしんのすけの下へ駆けつける。

みんなの格好もボロボロだ。

ケン「小僧。お前の未来、返すぞ」

そう言うと、建物の舳先へと歩き出した。

彼らは死ぬ気だ。
f:id:aikokuken-ryuji:20170809222332j:image

しかし、しんのすけの「ずるいゾ!!」の呼び掛けと飛び降りる間際に一羽の鳩の羽ばたきによって二人は一命をとりとめました。

しんのすけ「バンバンジージャンプ(正確にはバンジージャンプw)  二人だけでやるのズルいゾ!オラにもやらせろ」とその時のケンの台詞がすごく印象に残っています。

 

『また......家族に邪魔された...』

 

ケンとチャコの足元には、鳩の巣があり、巣の中には雛とたまごがありました。

チャコは全身をわななかせて思わず屈んでしまいました。

「死にたくない......」

ケンは、同じように屈み、チャコの体を優しく抱きしめました。

こうして、長らく懐かしい匂いに支配されていた大人たちは我を取り戻し、愛する我が子、愛する家族とともに帰路へとついたのです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170810165534j:image

このクレヨンしんちゃんを観て言いたかった事は、最初に紹介した『三丁目の夕日』とちょっと主旨が似ているのですが、古き良き時代に生きていた日本人が持っていた「こころ」が現代人の中に失われてしまったために目的を履き違えたケンとチャコのような純粋で実直な人たちが結果として悲しまなければならない、苦しまなければならない事が問題なんだと思います。

日本は今年で2677年という年を迎えています。

その途方もない長い歴史の中で、古くから伝わる伝統や習慣を重んじてきました。

これらが儚くも失われてしまうのは絶対にあってはならない事です。

今、それが失われようとしつつある現代の状況は、まったく危惧せずして見据えるなんてことはできません。 

ひとつひとつ、我々日本人が学び、教え、広めていかなければなりませんよね。

そういう意味では「保守」という言葉がしっくりくると思います。

日本に観光でやってくる外国人なども、世界にふたつとない稀有な日本文化に当の日本人以上に興味津々なところを見ると、東洋文化、すなわち日本文化に日本人自身が誇りをもって接しなければならないのではないでしょうか。

そしてこの映画で野原一家が観客に訴えたメッセージとは、【過去を懐かしむのはいいが、それに溺れて今の生活を疎かにしてはダメだ。大事なのは家族とともにこれから先の未来を生きること。悲観する事も挫折する事だってたくさんあるだろう。けど、自分たちに託された未来を生きるという責任を全うせずして自分たちの存在価値はありえない。

先を歩くのを恐懼して、後退りするくらいなら裸一貫でも敢えて前進していこう。家族や仲間とともに】という事なんだと僕は解釈します。

それは、在日反日勢力から日本を取り戻そうと日夜頑張っていただいている草の根運動の方々や、保守政治家、愛国活動家の方々にも当てはまりますね。

悪くなるとわかっている未来なら、自分達の手で良くしていかねばならない、未来とは運命、つまりそうする事は日本人として先人に報いる避けられない運命なのだと認識できますよね。

ブログを読んで下さっている皆様の心にも、そういう気概や強い想いが必ず備わっているはずです。

その心を決して忘れないように、日々の生活を営んでいってほしいと思います。

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました🙇

 

                                 @2677/ 8/ 10/ 草稿 

 

 

『共産主義による罪』と『お花畑=無知 による罪』の紙一重を問う超短編小説②📖

こんばんは。aikokuken-ryujiです。 

 8月に入りましたね。今月も不定期ですがちょこちょこブログ更新していきますので、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます🙇🙇


f:id:aikokuken-ryuji:20170801202037j:image
 

さて今回は『共産主義による罪』と『お花畑=無知  による罪』をテーマに、拙作ながらまたまた超短編的小説を書かせていただく事と相成りました。😅

前作の『梅雨時』も、かなりの中途半端な出来となってしまいましたが、今回もそうなりうるやもしれません。😣

何卒、お許しいただきますようお願い申し上げます。m(_ _)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『邂逅』

 

(一)

 

妻の秀子が手慣れた様子でいつものように床を敷いていると、不意に低い唸り声のような静かなる轟音が窓の外に響いた。

秀子は立ち上がって窓を開けると、どうした事であろう、、今宵は日中の天候より予期せぬ雨天からの水飛沫がみてとれた。

「貴方、雨ですわよ。お昼間のお天気からは想像もできゃしなかったわネ...」

長らく机上とにらめっこを続けていた本木公二は、妻の嬉声とも落胆ともとれぬ声色に振り向き、

「あぁ、そうかい。昼間はあんなにお日様カンカンだったのになぁ」

と低く呟いて妻のもとへ歩み寄った。

窓外をのぞき見る。  なるほど、よく降っている。

「貴方、雨なんて久しぶりだわね!  明日の天気大丈夫かしら!?」

「なんだい??  明日の天気ってのは」

「あら、もうお忘れなの?  明日、近所のご婦人方と芝居観に行こうってお約束してたのに......」

本木氏は、渋い顔をして斜めから妻を見た。

「そりゃ君......天に聞かなけりゃァ、わかりゃしないぜ」

「(ふふと口をすぼませ)あら、そうね。貴方の好きな天照大神に明日の事ようっくお願いしておかなくちゃ」

妻は絶えず上機嫌で、楽天的な様子を夫に見せたあと、そそくさとその場を立ち退いた。

「おい、寝ないのか?」

夫の呼び掛けにめんどくさそうに「御不浄よ!」と声だけ与えて厠の戸を強く閉めた。

本木氏は、しばらく窓外を見つめていた。

「ここんとこ、降らなかったが、ここに来てようやく天の恵みかぁ...。なんだか、俺もいい物が書けそうな気がするな。うん、きっとこの愛する日本の為に、ひとつでも良い話が書けそうな気がする!  そうなればだ......今書いてる探偵物は途中で切り上げた方が良さそうな気配だな。うん......雨もこんだけ降ってる事だし」

妻はいつの間にか小水を済ませ、独り言をぶつぶつ言ってる夫の傍らに座り込んでいた。

「貴方......何、ぶつくさ言ってるんです?  もう寝ないと」

と、夫の腕に絡み付く妻を一瞬ではね除け、本木氏は立ち上がり帯をほどき始めた。

その様子を見て、「あら、お出掛け?こんな時間に......」

「うん。ちょっと雨降りの町を歩いてみたくなったものでね。あ、君は先に寝ていていいよ。気にしないで」

秀子は、少しふて腐ったような表情で俯き加減になったが、夫のこの突然の「外出癖」には夫婦(めおと)になった時分から承知していたもので、直ぐ様諦め、外出用の着物を箪笥から出して夫に手渡した。

「傘、お要りでしょう?」

「......あぁ。この降りじゃ、要るね。もう少し小降りなら被るもの無しで出掛けたい心境だったのだがね」

今夜の本木氏は、何故かうきうきしていた。

妻にもそのように見えた。

自分でもよくわからないが、何故か雨降りの景色を見た途端、その渦中に飛び込んでみたくなって嬉々としている自分の意気の高揚したる心中がよく解せずにいるのだが、本木氏はとにかく出掛けたくてしょうがなかった。

玄関先で火打ち石を チンチン と鳴らし、秀子は酔ってもいない目を泳がせ、今にも弾け飛ばんとする夫を見送った。

 

(二)

 

本木氏は、傘を手にまるで子供のように、はしゃぎながら雨の降りしきる町を歩いた。

ともすれば「Sing'in in the rain♪」と口笛とともに口ずさんでしまうような陽気さであった。

外出用の着物の裾も、すでに水気にやられびしょびしょになっている。

しかし、そんな事も構わず本木氏は、雨の中を楽しそうに跳び跳ねている。

ふと、いつもの商店街に差し掛かると、雨中の中に朧気な飲み屋のネオンや、街灯などが余計にファンタスティックに見えて、なんでもない事にも感動してしまい、余計に欣喜雀躍せんところの本木氏は、周囲から見れば気違いに見えたか、ジーン・ケリーに見えたか......。

恐らく、多数派は前者だと思う。

そして、何を思ったか駅に向かった本木氏は、新宿までの切符を買い、山手線に揺られた。

電車の中では、こんな午前様のような時間になっても乗客の多いことに、本木氏は半ば驚愕していたが直ぐに窓の外を見遣ると、そんな雑念も消えた。

 

やがて、新宿に着くと、乗客の半数以上が洪水の如くホームに溢れ出た。

ほとんどが頑迷固陋な会社員がほとんどであったように本木氏の目には映じた。

自分は物書きで、決して雇われ者ではない故に自由人であるという誇りを持つと同時に、毎回まとまった収入の獲れる身分ではないという思いが頭をもたげ、煩悶を呼ぶ。

彼の「外出癖」には、いつもついて回る煩悶である。

自分のような物書きは、所詮"やくざ"な稼業なのか......。

そして、まるでロボットのように雇い主の支配下のもとで何もかも従順になり、汗水垂らして働く薄給の傀儡どもの稼ぎや生活こそが安定しているのだろうか......。

そんな思いを抱いているにも拘わらず、本木氏は物書き生活から抜け出せずにいた。

いや、当人がこの商売に決定的な疑念を抱かぬうちは、やめないだろう。

そして、本木氏は日本の現状を憂いているからこその執筆活動に明け暮れているのだから。

 

(三)

 

本木氏は、未だ降り続ける雨と同化したように傘をぷるぷる回し、歩き続けた。

が、今書いてる探偵物よりも良い作品にとっかかる思案を見出せないままでいた。

今書いてる探偵物......  というのは、戦後の荒れ果てた東京が舞台で、文無しの探偵が貧民街で起こった猟奇殺人に挑むというもの。

かつて戦後の町を闊歩した朝鮮進駐軍の悪行を重ね合わせて書こうとしていたものだが、一人前に犯人の使ったトリックやら殺人の手法やらに行き詰まりを感じて、それから先が書けないままになっていた。

ただ、朝鮮進駐軍による悪行をそのまま書こうと思えば、本木氏にとっては容易い事なのだが、いかんせん探偵物といえば、謎解きが絡んでくる。

そのもつれた細い糸を、探偵がいかにして紐解こうとするかを読者は期待しているのだ。

残念ながら、本木氏にはそのようなもつれにもつれた糸を如何にしてほどこうかという解釈が書くことができない作家であった。

はなから探偵物など無理だったのだ。

本木氏は只、衷心なるは朝鮮進駐軍の悪行や支那共産党による日本に及ぼした影響をのみ書けるというもの。

これをエンタテイメントなる探偵物に置き換えたなら、本木氏の絶筆となるは無理からぬ事であった。

彼は純粋すぎるのだ。それ故、世間受けする作品を未だかって書けたためしがない。

だが、そういうものが書けないのなら当然の如く飯は食ってはいけないし、妻の秀子にも多大な労苦をかけることになる。

彼は太宰治志賀直哉などをことのほか羨ましく思った。

奴らに書けて、何故俺には書けぬのか......。

ふと、さっきまで雨の中、喜び勇んでいた本木氏の目に涙が浮かんだ。 

自分が書けないからではない。自分が書けないことによって、妻の秀子が容易ならぬ苦労をしょいこんでしまう事を悲嘆しての涙である。

そんな本木氏のうなだれた肩を、軽く叩く者がいた。

本木氏は矢庭に傘をたたんで、肩を叩いた主をみとめた。

「間違ってたらすみませんが、あなた、本木公二さんではないですか?」

「(立ち上がり)えっ?  ええ、僕は本木ですが、あの......あなたは......?」

「いや!  やっぱりそうでしたか。僕ですよ。同じクラスメイトの有島です。有島芳男ですよ」

有島  と名乗るこの小男は、満面の笑みを浮かべて本木氏の両肩をがちっと掴んだ。

本木氏は、最初この男が何者かわからなかったが、ふと幼少期に思いを馳せると、なるほど、その男がガキ大将にいつもいじめられていた有島芳男であったとすぐに思い出す事ができた。

「お......おぅ!  お前か。久方振りだな。どうしてた?」

「久方振りは変だな。なんだか武士みたいな物言いじゃないか。僕は元気だよ。今、ある議員の秘書をしてるんだけども、君はどうしてた?」

本木氏は一瞬顔面を強張らせた。

言うべきか......?  言わざるべきか......?

果てして彼はこう言った。

「あ、あぁ。相変わらず書いてるよ。しがない物書きさ。今じゃ雑誌をみっつ掛け持ちしてるよ」

真実と嘘をうまい具合にミックスさせ、有島芳男にそれとなく現状の自己紹介をしてみせた。

「そうかい!  いや、おめでとう。君も今じゃ立派な小説家ンなってたんだな。友人として僕も嬉しいよ!」

有島は、まるで本気で喜んでくれているようにも見えた。

本木氏はそれを見て、心底嬉しくもなりしたが、同時に恥ずかしい気持ちも胸をかすめた。

 

(四) 

 

二人は駅近くの居酒屋に入った。

有島は麦酒(ビール)を、本木氏は焼酎を頼んで落ち着いた。

「君は焼酎派だったかい?  知らなかったよ。麦酒は飲まないのかい?」

「いや、麦酒はどうも体に合わないらしくてね。もとい、僕は大学生の頃より焼酎を嗜んでたものだからね」

「そうだったよなぁ。でも、君は作家としての志を決めていたというのに、何故大学では法学部だったんだい?」

「......六法に興味があってね。あと憲法のこととか。」

「そうかい」

話してるうちに麦酒と焼酎が運ばれてきた。

本木氏と有島は、各々を手に持ち、久しぶりの邂逅を祝って乾杯を交わした。

有島の方は、中ジョッキの麦酒をすごい勢いで飲み干し、だん  とテーブルに置いて一息ついた。

本木氏は、一気に飲みはしないものの、グラスの真ん中らへんまで飲み、有島の乾杯に応える形をとった。

「いや~、しかし、ここで君に会えるとは思ってもいなかったよ。何しろ、知り合いはほとんどが音信不通でね。僕も探してるところなんだけども......なかなか、見つかりゃしない。この広い東京では  ね」

「ほぅ。探してるって、なんで?」

「いや!  そりゃ君。僕の支持する政党にだね。議員にだね。ひとつでも多く票を入れてもらわにゃあ......と思ったもんでね」

「近く選挙でもあるのかい?」

「いや。無いんだがね......君、今や政権与党の腐敗ぶりを見るにつけて、ここらで総理を引きずりおろさんと一大発起に乗り出さなきゃ、君、日本の未来はどうなることか......と嘆いているのだよ」

中ジョッキの麦酒一杯で、もう酔いがまわったのか??

本木氏は、有島の顔をまじまじと観察した。

両頬赤く染まりしも、目はまだそんなに赤くはない。

虚ろでもない、泳いでもいない。

有島は、まだ管をまくほどに酔ってはいまい。

「日本の現状?  うん、それは僕も同じ気持ちだよ。このまま行くと、どうなることやらだね」

「(顔を上げ)本木さんは、今の与党を許さないですよね!?」

こいつ......酔ってるのか?  それとも見せかけか?

どちらにしても、有島は現政権にただならぬ不満と疑念を抱いている。

本木氏は、現政権の支持者であるのだが、100%支持しているか?と問われれば、詰問するに至るだろう。

何しろ、総理大臣がその席に腰を落ち着かせてから未だに8月15日の終戦の日(本木氏は、終戦記念日という呼び名を断じて嫌うところがある。)靖國神社に正式参拝をしたためしがないのだから、国を憂いる日本国民の一部にとっては苦言を呈す者も出るのは無理からぬ事なのだ。

しかし、本木氏はあくまで基本的には現政権支持者である。

「ねぇ、どうなんだ。君は現政権に一抹の不安や不満も見受けられないかね?」

「あっ?  あぁ...少しね」

そう言うと本木氏は、アテに頼んだ蒲鉾(かまぼこ)を苦々しく啄んだ。

「そうだろう。僕は今の総理大臣はじめ閣僚なんかが大嫌いでね。また、その尾ひれについてネットでギャアギャア喚いてる論客も好かないがね。まァ、金にはなるんだろうがね」

「論客って?」

本木氏は、敢えて聞いてみた。

「ホラ、よくYouTubeとかのネット番組でグダグダ言ってる評論家ですよ。日本の伝統文化だの天皇だの、果ては韓国人は日本から出ていけだの愚にもつかん戯言を言ってる奴らですよ」

本木氏には有島が名指しでは無いが指摘してる人物像には、いくらかの想定がついていた。

自身の職業である執筆は、今風にキーボードを叩くのではなく、原稿用紙をわざわざ買ってきて鉛筆などで書くいわゆる古風なスタイルを固持してはいるのだが、そういう世相や政局の情報源は、もっぱらネットを活用しているので彼には有島が口先で批判している論客が誰なのかはだいたい予想がついた。

「ところで......君の支持する党ってのは?」

有島は、二杯目の麦酒を  ぐっ  と飲み干し、机上にどんと置くと袖で口のまわりを拭いた。

そして本木氏の目をじっと見つめ、

「......知りたいかね?」と、半ば酔いの手伝うところの優越気味に呟いた。

本木氏は、素直に軽く頷いた。

「実は、半年ほど前から『赤旗新聞』を近所に配る仕事を仰せつかってね。いや何、朝早いったらありゃしない。ハハハハ」

赤旗新聞!?  もしや......。

本木氏は驚嘆した。もしやこの男の支持政党とは......。

「新聞を配るって......君は議員の秘書をやってるんじゃないのか?」

「あぁ、やってるよ。でも先生から言われたのさ。初心に戻ってまず新聞を配るところから頑張れって」

そうだ。有島は間違いなく共産党支持者だ。

本木氏が最も嫌う、アカの政党、日本共産党

彼はこの次、どう会話を切り出していいのやらわからなくなってしまった。

しかし、本木氏から話すのを思慮する必要はなかった。

何故なら、三杯目の麦酒をグラスの真ん中あたりまで飲み干していた有島の饒舌が、本木氏を自然と聴き手役へといざなったからだ。

 

(五)

 

時間は夜10時をまわったところだ。

この時刻から依然として酔客の方々での盛り上がりや談笑は、賑やかになるばかりである。

有島は、麦酒のもう三杯目を飲み干してしまうところだ。

対する本木氏は、一杯目の焼酎をようやく飲み干さんとするところである。

「いいかい?  今の防衛大臣なんてのはだね、着飾る事しか考えてない。国の為に祖国防衛とか言って、自衛隊を国軍にとか言ったりしてるけど、あんなのはナンセンスだよね。ましてや在日米軍をいつまでも沖縄に置いとくのなんか僕ァ、反対だ。何故だか教えてやろうか?  え?」

「ほぅ......何故だい?」

「そりゃお前ぇ、アメリカは明けても暮れても戦争ばかりしてやがる国よ。下手すりゃ今度はどっかと戦争おっ始めかねない。日米安保で日本政府がそれに加担してみろ。国民の生命が危険に晒されるんだぜ?  日本人は、戦争したくない民族なのに、無理やり戦争に駆り出されるんだぜ?  将来の希望もある若者たちが。これを悲劇と呼ばずになんて言う?  えぇ? そうだろ、本木しゃんよ」

本木しゃん  とは、、有島の奴、かなり呂律がしどろもどろになってきている。

しかし、有島はやはり共産党支持者だ。

戦争反対、個人的生命尊重の立場を主張する日本人は、そのほとんどが憲法9条の信奉者である事実は否めないものである。

先の大戦では、自分の将来など二の次に、国を守る最後の砦となって自ら死んでいった特攻隊の若者がいたというのに。

今では、憲法9条を盲信する日本人が多いために、神風特攻隊は歴史上軽視されているままなのだ。

本木氏の胸に、やりきれない焦燥感が沸き立った。

そして、意を決して有島に言った。

「しかし君、今沖縄から在日米軍を撤退させたら、沖縄はどうなるんだい?  すぐにでも中国が攻め寄せてくる可能性だって捨てきれないんじゃないのかな?

中国は、連日尖閣諸島を領海侵犯しているのだから、その本願は沖縄の領略なのだとすると......」

「(本木氏の言葉をさえぎり)いや、アンタの言う事は、万に一つの妄想に寄りかかった妄言だ。いや、暴論だ!  中国が沖縄を攻め落とす?  ハッハッハ、、君、寝言は寝てから言えよ。中国が沖縄に攻めてくるわけなんかないじゃないか。だいいちテレビでもそんな報道はされていない。確かに、尖閣周辺をうろつく中国船は日本政府にとって問題なのだろうが。でも、それがどうしたって言うんだ?

彼らは、我々に危害を加えたりなんかはしない。いや、もっと言えば海域を誤ってたまたま入ってきただけなのかもしれないじゃないか。それを海上保安庁が威嚇するなんて、日中関係が悪化しかねない。海上自衛隊護衛艦が出てくるなんてもってのほかだと思うがね」

「いや......でも、現実に彼らはチベットウイグルを武力でもって鎮圧し、そのあとでも弾圧をしてるじゃないか。えらく酷い仕打ちをね。それに抗議する為に彼らは焼身自殺をした。これがどんなに悲惨な事か、この流れが沖縄に及んでくる可能性は大いにあり得るとは思わないか!?」

「あり得んね。鶴の一声で君に諭しの言葉を与えよう。百歩譲って中国が日本に何か危害を加えるような事をしたとしよう。それは中国に対して、真摯な態度を示さなかった傲慢な政府に責任があると思うね。

まして南京大虐殺がまるで嘘のような事を喧伝し中国当局を刺激するような一般ピープルのバカがいるせいもあって、中国をそのような凶行に駆り立てたのだとしたら?

真に悪いのは日本人という事になるよ。必然的にね」

「それは君、筋が通ってないんじゃないか?  君はどれほど中国の事について知ってる?

彼らが我々日本人に対して、どれだけの憎悪と嫉妬と劣等感を感じているか、理解した事がないのか?  南京大虐殺も仮に本当にあったとしたら、当時の資料やらがとっくに出ている筈だろう。しかし今日に至るまで何一つ確証たるものが現出していない。だから南京大虐殺は中国政府が打ち立てたデマだと言わざるをえないのだよ」

「......本木さん、あなたがそれほどまでに無知で無教養な人間に成り下がってしまったのだとは気づきもしなかった......。少なくとも、さっき何十年かぶりに会った瞬間にはね!」

有島は、そう言い放つと強くテーブルを叩いた。

すぐ横のお客が  きゃっ  と小さな悲鳴をあげて身を引いた。

有島がそのお客に対して、すまなさそうに会釈してからは、普通に連れの男性と会話を続けていた。

何やら日本語ではない言語だ。  少し女性が酔ったためかフラついたら相手の男性は「大丈夫?」ととれる何かを呟いた。

女性もそれに応え、座り直した。

そして男性は、女性に「飲み過ぎだ」みたいな感じの言葉を発してから「アラッソヨ?」と女性を指差して言った。

アラッソヨ  とは韓国語で「わかったか?理解できたか?」の意味であるのは本木氏には判ずる事ができた。

本木氏と有島の隣に座している客は韓国人だった事が本木氏には漸くわかった。

本木氏は、随分気持ちが悪くなった。

今までの有島の話に付加し、隣席の韓国人に対しても大きな要因を占めていた。

えてして、本木氏は閉口した。

 

(六)

 

本木氏と有島が店を出たのは、11時半頃だった。

有島は、その後も在日韓国人に友達がいるだの、在日韓国人に日本から出ていけと言うのは差別だからそういう事を平気で言う日本人は恥知らずだのさんざっぱら管(本木氏にとっては)を巻き続けた。

しかし、話の最後で「日本はいつまでも在日米軍にお世話になっていてはいけない。日本が正規の軍隊を持って、在日米軍をとっとと日本から追い出すべきだ」と啖呵をきった。

有島との会話で、唯一同調できる点は、本木氏にとってはその一点だけだった。

自衛隊が国軍となる、、それは長い間アメリカの傘下に甘んじている日本にとっての自立心の第一歩になると信じて疑わないからだ。

有島にとっては、沖縄県民が在日米軍による婦女暴行やオスプレイの騒音、危険性を除去したい考えから成るひとつの結論付けだと思うが、本木氏は、日本が軍隊を持つ  という有島の主張だけは自分と意見が合致するので、そこだけは素直に認めた。

半ば、討論会のようになってしまったにも拘わらず、別れる時の有島の顔は妙にほころんでいた。

別れ際に「今日は君に会えて、いろいろ話ができて実に楽しかったよ。久しぶりに良い気持ちにさせてもらったよ。ありがとう」

と本木氏に握手まで求めてきたのに、本木氏も笑顔で応えるほか術なかった。

其の実、有島は単なるお花畑日本人であって、韓国や中国のように真から日本という国を憎んでいるわけではないのだ。

ただ、2670余年続く日本国家についての認識が若干足りないだけなのだと。

本木氏も、日本の歴史的真実を頭から爪先まですべて知っているわけではないが、今日本が危機に瀕している  という事実からは目を逸らせないでいる。

そういう意味では、本木氏も純粋だが、有島も果たして純粋なのだろうか......?

 

宵も深まり、電柱に寄りかかって空を見上げた。

いつの間にか沛然の雨は、なりを潜めて上空には厚い真っ白な雲が漂うばかりである。

いつまた降り出すかしれない空模様に、本木氏は酔歩蹣跚(すいほまんさん)たる足取りで、駅の方へと歩き出した。

そして、電車の中で、今書いている探偵物をきっぱりと打ち切り、違うものを気持ちを新たに書いてみたいとの想いが、一層強くなった。

高田馬場駅を過ぎたところで、窓にぽつりぽつり、雨雫が吹き出物のように本木氏の目に映じた。

ふと、本木氏は手元の傘を確認した。

あの居酒屋にもしや忘れてきてはしまいかと、少し不安になり。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

如何でしたでしょうか...❔💦

『梅雨時』に続いての拙作を最後まで読んで下さった方に、本当に感謝を申し上げます。m(_ _)m 

日本には、北朝鮮は悪いけど韓国は違う  という誤った風潮やマスゴミによる情報操作が一般国民に認識されています。

本当の、真実の歴史というものは、もっと根深いところにあると思うのです。

我が国を攻撃、批判する特亜3国(中国、韓国、北朝鮮)は、言わずもがな悪いですが、それを上回る最も危険な存在とは、日本という由緒正しき国に生をうけながら、真実に向き合おうともせず間違った認識を鵜呑みにしているお花畑日本人  だと僕は切実に思います。

そこのところを、日本人のアイデンティティを認識、取り戻す前提のもと、日本国民は深く考えていかねばならないのではないでしょうか......。

 

今回も終わりまで読んで下さり、ありがとうございました。

 

                                 @2677/ 8/ 1 / 草稿

 

 

 

 

 

 

"ジェネラル・ヒグチ" と "カミソリ東條" 誤解され続けてきた知られざる『日本人』の歴史🔎

皆様、お疲れ様です(^^)/  aikokuken-ryujiです。

いよいよ梅雨明け➡夏本番☀☀という事で、蝉の声や夏祭りが各地で頻繁に賑いの兆しを匂わせていますね~🎵

あ、そうそう❗ 夏祭りといえば先日の13日から17日にかけて靖國神社で『みたままつり』がありましたよね✨

靖國神社の『みたままつり』には、昨年初めて行かせていただき、あの美々しく神々しい光景は未だに脳裏にやきついております(☆∀☆)

過去のブログでも【前・後編】の二回にわたって書かせていただきました。

残念ながら、今年は行けず(TT)   行きたかったなぁ......。
f:id:aikokuken-ryuji:20170720173743j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170720173753j:image

まァ、まだ8月に盆踊り大会、高槻祭りなどが控えているので、そっちにパワーを傾けようと思います。(笑)   めげるな❗自分❗😆💥👊

 

今回のブログのテーマですが、先の大戦、すなわち大東亜戦争時に日本民族としての人道的立場から、危険を顧みず多くの外国人を救ったある日本人にスポットを当てて書いていきたいと思います。

外国人の命を救った日本人の例は、アジア諸国をはじめ、世界でも類をみない程多くの感動的逸話が残されています。

それだけ日本人が、外国人に対して寛容な心持ちでいるという証明なのでしょう。

「和の精神」「大和魂」さらに「八紘一宇」から成る「大御心(おおみごころ)」は、日本民族特有の性質で、それが良きにせよ悪しきにせよDNAを経て、古来より今日に至るまで外国人にも影響を与えてきました。

「八紘一宇」という言葉が、戦争当時、日本の侵略戦争を正当化させる為のものだったという説がありますが、そもそもこの言葉は、人道の普遍性を示すにすぎないものであると僕は認識しています。

日本書紀』の中の、神武天皇の御詔勅にある「八紘(あらゆる方向=世界を示す)を掩(おお)いて宇(いえ)となさん」からきています。

八紘を宇となし  四海の人を導きて  正しき平和打ち立てん🎵  ~って思わず戦前の歌が頭に浮かんじゃいました  ヘ(≧▽≦ノ)♪

 

そんな困っている人がいると、どうしても見過ごせない、手をかしてやりたい!という思いから『外国人を救った日本人』そして『戦後誤った歴史観で認識されている日本人』の2つをテーマに、歴史上でも有名なナチス・ドイツに迫害され、難民として逃れてきた多くのユダヤ人に救いの手を差しのべた日本人、樋口季一郎についてまずは書いていきます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170720182209j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170720182223j:image

樋口 季一郎(ひぐち きいちろう、1888年8月20日 - 1970年10月11日)は、日本の陸軍軍人で、出身は兵庫県淡路島。

最終階級は陸軍中将。歩兵第41連隊長、第3師団参謀長、ハルピン特務機関長、第9師団師団長等を歴任した軍人さんです。

この、ハルピン特務機関長の任に就いていた1930年代当時に樋口季一郎を主導とするオトポール事件が起こったのです。

※オトポール  とは地名なのですが、セルビア語で「抵抗」の意味にあたる言語でもあり、これを真似て日本でも反安倍デモや左翼デモでも使われていますが、本稿では一切関係ありませんのでご承知おきを(笑)
f:id:aikokuken-ryuji:20170720183234j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170720183244j:image

さて、事の発端は樋口季一郎が1937年(昭和12年)12月、ハルピンで開催された極東ユダヤ人大会に出席し、席上でドイツの反ユダヤ政策を批判した事です。

これについてドイツ側は猛反発。💣💥

駐日ドイツ大使も樋口季一郎の弁に激しく抗議しました。

しかし、彼のユダヤ人への想いと反差別意識を汲み取ったのが樋口季一郎の上司であった、関東軍参謀長(当時)の東條英機その人でありました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170720184435j:image
個人的な話なのですが、僕はこの人が大好きです😆   生き方、思想、どれを取っても三島由紀夫と同じくらい尊敬の念を抱いています。

さらに、人間東條英機の性格的特徴を表す七つの言葉があって「几帳面」「真面目」「律儀」「勤勉」「細心」「事務的」「官僚的」などがあり、軍人としても頭が切れることから『カミソリ東條』と呼称されました。

今年はじめの頃に観た映画『日本のいちばん長い日』(2015年版)にも中嶋しゅうさんが演じておられた東條英機を見て、メッチャ似てる❗と感動したほどです。

⬇⬇💓✨( ゜∀゜*)
f:id:aikokuken-ryuji:20170721233117j:image

でも、映画で東條英機という人物を知るならば津川雅彦さん主演の『プライド 運命の瞬間』をお勧めしたいところです。(^_^)

 

プライド 運命の瞬間 [DVD]

プライド 運命の瞬間 [DVD]

 

 この東條英機という人物も、戦後日本では「A級戦犯」「日本を敗戦に追い込んだ張本人」などと大いに誤った認識が広まっています。

何故でしょうか!?  

それはやはり、GHQ占領下でいわゆる極東軍事裁判なる一方的リンチ裁判で東條英機を、戦争犯罪人に仕立てあげた上で侵略戦争による罪をすべてひっかぶせ、巣鴨プリズンにて処刑、おかげで東條英機は学校教育でも歴史上の悪辣な軍人として子供達に教えられる事となりました。

実際東條英機は、戦争前、元々はイケイケドンドンの開戦派の立場にいたのですが、昭和天皇を介した様々ないきさつから、日米和平を取り持ち開戦を避けようと尽力しました。

ところが、結果として開戦に踏み切らざるをえなくなり昭和天皇の御前で涙ながらに謝罪をしたというのが真実の歴史です。

東條英機ほど天皇陛下、皇室に忠心な軍人が大日本帝国軍の中にどれほどいたのでしょうか。

昭和天皇は、飽く迄和平へのご意志を示され、東條英機はそのご意志に従うべくアメリカの突きつける経済制裁にも譲歩し、なんとか開戦を避けるよう働きかけました。

ユダヤ人を差別、迫害から守った東條英機は、皮肉にも戦後に広まった歪曲した歴史観のせいで悪者扱いされ誤解している現代日本人に擁護されないまま。

これでは靖國神社に祀られる東條英機の魂は、いつまでも浮かばれません。

可哀想すぎます!!(ToT)

 

YouTubeさんから。【東条英機の演説】⬇⬇

https://youtu.be/EvDlpwWz9Ag

 

では話を樋口季一郎に戻します。

年が明けると、関東軍は『現下ニ於ケル猶太民族施策要領』を定めました。

猶太=は、ユダヤ人を示し、軍としてユダヤ人を差別しない事を謳ったものです。

極東ユダヤ人大会でユダヤ人差別を批判した樋口季一郎特務機関長からの東條英機参謀長によるユダヤ人擁護とこの策定に至る。

こののちに起こるオトポール事件に、樋口は勿論の事、上司である東條英機ユダヤ人救出劇に関わっているのがわかりますよね。

さて、1938年(昭和13年) ナチス・ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ難民は、ビザも持たずソ満国境のオトポール駅で足留めをくっていました。

それは、満州国の外交部が、彼らを入国させる許可を渋っていたからです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170720230116j:image

これを見た樋口季一郎は、難しい立場にありながらも決断を下し、ナチス・ドイツから命からがら逃げのびてきた多数のユダヤ人へ通過ビザを発給するよう指示を出した。

彼の部下、安江仙弘陸軍大佐もこれに同調して奔走。

安江大佐もまた、極東ユダヤ人大会に出席した一人だったのです。

樋口季一郎は、南満州鉄道(満鉄)総裁であった松岡洋右(この方も、極東軍事裁判史観や当時の首相・近衛文麿による『近衛手記』によって実像を曲げられ戦後誤った価値観を押し付けられている戦犯の一人😢)にも協力を仰ぎ、救出活動を遂行しました。

こうして、樋口季一郎東條英機両氏の働きかけによりユダヤ人約二万人(この数字については諸説ありますが💧)もの尊い命をその後に繋ぐことができたわけです。

 

【日本人なら絶対に知っておくべき真実 ~樋口季一郎「命のビザ」を発行した杉原千畝だけではなかった ユダヤ人を救ったもう一人の日本人】YouTubeさんから。⬇⬇


日本人なら絶対に知っておくべき真実 樋口季一郎「命のビザ」を発行した杉原千畝だけではなかった ユダヤ人を救ったもう一人の日本人【ココデミル】 - YouTube

 

 

映画『シンドラーのリスト』でも有名なオスカー・シンドラーさえ救ったユダヤ人は1200人、このオトポール事件から2年半の月日を経て「命のビザ」発給によりこれまたユダヤ人を救う事になる外交官・杉原千畝の方は6000人です。


f:id:aikokuken-ryuji:20170720225419j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170720225427j:image
👉上:オスカー・シンドラー  下:杉原千畝

 

シンドラーに関しては、元々ナチス党の人だったので、その後ドイツにいる時分、いろいろ悲惨な目に遭ったようです😣

が、晩年、イスラエルに渡り、そこで女性と知り合い暮らすようになり、自分を救ったユダヤ人と共に暮らす事が自身への安寧を落ち着かせる事にもなったようです。

正直、ドイツには自分の居場所はもう無いんだ  と感じた末の末路だったのですね...。

 

このブログを書こうと思い立った時、樋口季一郎杉原千畝について書こうかと思いましたが、このユダヤ人救出劇に東條英機も関わっていると知り、敢えて知名度のある杉原千畝については割愛させていただこうと思いました。

それにしても、杉原千畝の方はテレビや映画などで幾度となく放映されているにも拘わらず、何故、杉原千畝より前にユダヤ人擁護と救出に身を削った樋口季一郎の事があまり知られていないのか.....。

 

⬇⬇【命のビザ  "杉原千畝"】YouTubeさんから。 

https://youtu.be/lllbzyeUa6Q

 

当時、同盟国であったドイツ政府を敵にまわすような危険行為を樋口、東條両氏は「人道上の問題」としてやってのけた事は、後の国際社会に称賛されるべき行為であった事は間違いありません。

こののち、戦後になるのですが、樋口季一郎GHQから「戦争犯罪人指名」に名前が挙がる事となります。

それは、オトポール事件を主導した事や『占守島(しゅむしゅとう)の戦い』(1945年(昭和20年)8月18日 - 21日に、千島列島東端の占守島で行われたソ連労農赤軍大日本帝国陸軍との間の戦闘)でソ連軍が北海道を占領せんとする危機を戦い、守ったところからソ連が彼を標的にしていたものだと思われます。

樋口逮捕は、時間の問題でした。

しかし、そんな苦境に差し迫った樋口季一郎を救ったのは、なんとユダヤ人たちでした。

当時、ニューヨークに総本部を置いていた『世界ユダヤ協会』は、ソ連の樋口を戦争犯罪人としてつるし上げる要求を拒否するようアメリカ国防総省に働きかけていたのです。

その結果、樋口に対するソ連の暗躍は立ち消えとなりました。

これと似た話がもうひとつあって、それは1890年(明治23年)9月の事。

トルコ(当時のオスマン帝国)軍艦エルトゥールル号が、訪日の帰路、嵐に遭い和歌山県串本村紀伊大島沖で座礁、沈没した際、大島の住民達は身を呈してトルコ兵69名を救出。

岩場など危険極まりない地形をものともせず、一人一人をおぶって救助したそうです。

大島の住民達は、貧しい暮らしをしていたにも拘わらず、心身ともに傷ついたトルコ兵たちに食糧を提供しました。

さらに明治天皇がこの事を聞き付け、政府に命令され、軍艦二隻をトルコ兵達に与え、生存者を国まで送り届けた......。

これは映画にもなってますので、お時間ある時に、レンタルビデオ屋で借りて観て下さいね🎵

レンタルビデオ屋になければ、Amazonで。(笑)
f:id:aikokuken-ryuji:20170721004052j:image

 

なお、この二隻の軍艦『比叡』と『金剛』には日露戦争東郷平八郎元帥とともにロシアのバルチック艦隊を殲滅した天才戦略家・秋山真之が乗っていたといいます。
f:id:aikokuken-ryuji:20170720235145j:image

f:id:aikokuken-ryuji:20170720235103j:image

上:『比叡』 下:『金剛』

 

 

住民達の必死の介抱もさることながら、明治天皇の即座のご英断には本当に感動で何も言えなくなってしまいますよね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170720234450j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170720234500j:image

ここで、めでたしめでたし  と言いたいところですが、この話には続きがあります。

それはエルトゥールル号遭難より95年もの歳月を経た1985年、イラン・イラク戦争が勃発。

イラクサダム・フセインは、イラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言をしました。

各国は期限までにイラン在住の国民をメヘラーバード国際空港から軍用機や旅客機で救出したものの、日本国政府自衛隊の海外派遣不可の原則のために、航空自衛隊機による救援ができずに手をこまねいているばかり。

さらに、当時日本で唯一国際線を運航していた日本航空は「イランとイラクによる航行安全の保証がされない限り臨時便は出さない」とし、在イラン邦人はイランから脱出できない、いわば八方塞がりの状況に陥っていました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170721001630j:image

 

ところが、この窮状に一筋の妙光がさしたのです。

野村豊イラン駐在特命全権大使が、トルコのビルレル駐在特命全権大使に窮状を訴えたところ、ビルレルは「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人なら誰もが、エルトゥールルの遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも」と答えたのです!!

ビルレルの要請を受けたトルコ航空は、自国民救援のための旅客機を2機に増やし、オルハン・スヨルジュ機長らがフライトを志願。215名の日本人はこれに分乗し、全員トルコ経由で無事に日本へ帰国する事ができました。

あれから90年、半世紀近く経っているのに、トルコの人々はエルトゥールル号の事を忘れてはいませんでした。


f:id:aikokuken-ryuji:20170721001650j:image

......涙なくして語れない友情を超えた人間同士の愛に、書いてる途中で涙ぐんでます(;_;)

あぁ、涙でスマホの画面が見えない......😢  というのは少し言い過ぎでした(笑)  スミマセン f(^^;

 

このような話は、枚挙にいとまがありません。

日本人と日本人、日本人と外国人......それらは、国を越えた人間同士の友情、愛にほかならないと思います。

最初の方にも書きましたが、日本人には「和の精神」「大和魂」「八紘一宇」の精神が受け継がれているのです。 

その日本民族特有の性質が、2677年という世界最古の国家の礎を築き、今日まで続いてきたものだと思わせていただきます。

 

だいぶ寄り道をしてしまいましたが、樋口季一郎東條英機の話に戻ると、樋口は世界ユダヤ協会に命を救われたわけだけども、東條英機はどうであったか。

実状は、オトポール事件の際に、表舞台に立つことなく、あくまで裏方的役割を果たした東條英機ユダヤ人救出の功績が、残念ながらユダヤ人たちの間に伝わらなかったために、東條英機戦争犯罪人として名を挙げられた時は樋口季一郎の時みたいに救出活動は起こらなかったのです......😭

しかし、当の東條英機は、東京裁判で自分の側に弁護する人物を一切つけず「日本は自存自衛の為に戦争を起こしたのだ」「敗戦の責任は、首相だった私にある」と毅然として胸を張り言い放った。

そして刑が執行される直前まで、怯まなかったその真意は、皇室に忠臣たる東條英機昭和天皇戦争犯罪の汚名を着せることを誰よりも畏怖し、また、自分がすべての罪を被る事によって天皇陛下には罪が及ばない事を見届けた上での満足感ではなかったろうか。

そういう意味では、東條英機は真の軍人、真の日本民族であったと、僕も胸を張って言いたいところです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170721232339j:image

 

でも、ユダヤ人は東條英機の事をまったく知らないわけではなかった。

これは後年の話なのですが、東條英機の曾孫である英利氏が、オーストラリアのテレビ番組に招かれた際、オトポール事件の事実を知ったユダヤ人から、涙ながらに握手され、こう言われたといいます。

 

「あなたのひいおじいちゃんは、正しいことをされましたよ」

 

と。 

 

上記の文で、何故ユダヤ人救援に杉原千畝ばかりがメディア、テレビなどで取り上げられ、樋口季一郎の方は埋もれてしまっているのか。

それはやはりGHQの画策に於いて、東條英機戦争犯罪人としてでっち上げた事に起因するように、東條英機と共に活動した樋口季一郎をも巻き込み、その人種差別に異論を唱えた偉業たる歴史をも煙に巻き、占領政策下で生み出された戦後レジームの怨霊が呪いの如く、今日のメディアなどに伝播し続けている事に答えが潜んでいるように思えてなりません。

そのおかげで、ユダヤ人を救った日本人は杉原千畝只一人のように一般認識化されている事は、決して真実とは言い難いものです。

そんな見識の矮小化が、大東亜戦争従軍慰安婦問題の真実もうやむやに、広く世間にクエスチョンマークを投げ掛けている事に気付かない日本のメディア。

彼らに「自身を恥る」という人間の基本的概念と含羞は無いのでしょうか。

朝日新聞をはじめとする、売国行為に勤しんでいる嘘つき広報局は、もはや我が国に不要ですよね。

世間はどのような歴史でも、常に真実を欲するもの。

それをねじ曲げたり、写真や映像に手を加えたり、ありもしない作り話をするという事は、大衆、世論を騙くらかしている詐欺という名の犯罪ではないでしょうか。

戦後、日本の敗戦の一因として東條英機や軍部に批判が集中しました。

先程も書いたように、東條英機は開戦には慎重派でありましたが、時の朝日新聞が開戦を煽り立てたのを批判する声は挙がらないのはどうしてなのか...。

戦局劣勢なるも、国民の生命と財産を守る事を第一に考えておられた昭和天皇のご意志に背き、戦争を泥沼に引きずり込んだのは少なくとも東條英機その人の意ではなかったはずだと信じたいです。

『七生報國』『臥薪嘗胆』『武運長久』

様々な大和言葉が欧米列強から、白人社会からアジアの安政と安寧を守る自存自衛の戦いの中で訓戒として飛び交っていましたが、極限まで傷つき、疲れ果てていた日本が果たして8月15日以降も連合国軍に屈服せず戦い続けていたなら、一体どれだけの数の日本人が命を奪われ、土地を奪われていたのでしょうか。

すでに沖縄に上陸せんとしていた連合国軍によって、沖縄も掠奪され、そのあとで日本が白旗をあげていたなら現代の日本は、もっと姿形を変えていたのかもしれません。

日本人の人口だって今よりずっと少なく、生まれるべき筈の生命もこの世に精を受けることもなかったのかもしれません。

あの時、、戦争を続けるべきであったか......歴史上の通りに8月15日に終戦詔勅を賜るべきであったか......。

それは人それぞれ考えの巡らすところだと思います。

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170721231457j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170721231507j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170721231518j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170721231756j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170721231812j:image




東條英機樋口季一郎、安江仙弘、そして杉原千畝らはユダヤ人救済に人道主義的立場でもって成し遂げました。

人種差別こそ20世紀最大の悪といえるもので、アメリカをはじめとする白人至上主義的社会では、それは常識ですらあったのです。

その国際情勢の荒波に揉まれていた日本が、日本人が頑としてその常識を打ち破った事は、まさに戦争にこそ敗けはしたものの、人間として勝利(victory)を掴んだものだと同じ日本人として誇らしく感じます❗

その証拠に、外国人の名が多く羅列する中にぽつんと 『ジェネラル・ヒグチ』という日本人の名前が『ゴールデン・ブック』に記載されているのです。✨✨

『ジェネラル・ヒグチ』『カミソリ東條』この2つのニックネームが、ユダヤ人やアジアの人々のみならず、同胞の現代日本人の間でも広く知れ渡ってほしいと僕としては、哀願するものであります。

 

 

今回も、長々と綴ってまいりました、拙い文章を最後まで読んで下さり、心から感謝申し上げます。m(_ _)m

 

                                @2677/ 7/ 22/ 草稿

天安門事件から紐解く、反中共の拡がり

こんばんは。aikokuken-ryujiです。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ梅雨も明け、夏本番が始まる気配ですね☀☀💦

暑さによる体調不良、熱中症にはくれぐれも、ご注意下さいませ。m(_ _)m

......と言う僕は、夏風邪をひいてしまいました(笑)💧

え❔  人に言うより、まず自分が気を付けろ❗って?

そうですね。すみません σ(≧∀≦;)

 

さて、今回のブログですが、二日前にTwitterでこのようなツイートを目にしました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170718203436j:image

日本のこころを大切にする党』の中山成彬議員のツイートです。

何を隠そう、今回のブログのテーマはこの中山議員のツイートを見たからにほかなりません。

 

ここで触れている、劉暁波という人物は一体誰なのでしょうか。

あとからネットで産経ニュースを見て、つい先頃亡くなられた中国人だという事が判明しました。

なら、その劉暁波なる中国人は何者か。

 

劉 暁波(りゅう ぎょうは、リウ・シャオポー   1955年12月28日 - 2017年7月13日)は、中華人民共和国の著作家であり、元北京師範大学文学部講師。人権活動や民主化運動に参加し、度々投獄された人物であるという事がわかりました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170718204212j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718204225j:image

劉氏は、実は2010年にノーベル平和賞も受賞されているんですね。

ノーベル賞委員会は、劉暁波の受賞理由は「中国における基本的人権のために長年、非暴力的な闘いをしてきた」というもの。

 

中国における基本的人権のため......。

 

この文言を聞いただけで、中国(中華人民共和国)国内では基本的人権すらない国だという事がお分かりになると思います。

ご存知の通り、戦後の中国という国は共産党一党支配の共産主義国家として中華人民共和国を創立させましたよね。

中華人民共和国、、とは内実のところまったく人民の為の国だとは言い難いものです。

この国は、中国がまだ「清」と呼ばれてる頃から今日より、未だ何の変哲もない。

すべての元凶である毛沢東の打ち出した様々な政策なり格言なりを未だに引き継ぎ、遵守して、貧富の差際立つ矛盾と横暴極まる共産主義第一の独裁国家として成り立っているのです。

話を劉暁波氏に戻しますと、劉氏も1989年6月にあった、あの歴史的な事件......『天安門事件』に参加し、運動に身を投じ、結果として人民解放軍に殺されはしなかったものの、反革命罪の為、投獄されました。

 

下記リンク【劉暁波氏の危機を傍観した中共政府と左派系メディア・人権団体の矛盾:中国人漫画家、孫向文】⬇⬇⬇

 

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12216-1334884/

 

f:id:aikokuken-ryuji:20170718205752j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718205806j:image
天安門事件の事は、皆様もご存知かと思います。 

日本が平成の世を迎える前夜、学生たちが中心となって、中国北京の天安門広場民主化を訴え、その鎮圧に躍り出た人民解放軍によって何千、何万という学生たちが虐殺されたあの事件です。

以下、閲覧注意画像となります。⬇⬇

 


f:id:aikokuken-ryuji:20170718210200j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718210213j:image

 

こんなにも酷い有り様を、果たして時の報道メディアは放送、公開をしたのでしょうか...。

僕はこの時代まだ子供で、天安門事件すら後年の今になるまで知りませんでした。

これは、六四天安門事件(ろくよんてんあんもんじけん)と呼ばれていて、1989年6月4日のほかにも天安門での事件はあったようなのですが、ここでは1989年の事件を挙げさせていただきます。

 

同年4月、胡耀邦元党総書記の死をきっかけとして、中国・北京市にある天安門広場民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢き殺した)し、多数の死傷者を出しました。

経緯を見てもご理解いただけるように、共産主義一党支配の国に嫌気がさし、民主化を叫んで訴えたにも拘わらず、市民に無差別的発砲、さらに戦車で轢殺するなどまるで人間のする事ではありません。

国を牛耳る共産党に物申す輩は、無差別殺人、動物を殺すのと同様に虐殺しても厭わないという事でしょうか。

これはまさにポル・ポトによる大虐殺や、帝政ロシア時代に勝るとも劣らずの蛮行以外に形容できる言葉はありません。

 

⬇⬇【天安門事件25周年 東京集会② 渾身の基調講演 石平「私は天安門事件で中国を捨てた」】YouTubeさんから。


天安門事件25周年 東京集会② 渾身の基調講演 石平「私は天安門事件で中国を捨てた」 - YouTube

 

 

昨年くらいに産経新聞で、共産主義に対する不満かなにかを微博(ウェイボー/中国版Twitter)をもとに掲載していた記事をみました。

そのほとんどが中国の若者による意見だったのを覚えています。

現在、中国共産党政府として中華人民共和国を牛耳っているのは習近平ですね。

彼もまた、日本に対しては威圧的な態度で、何度も何度も尖閣諸島に船を派遣して、領海侵犯を繰り返しています。

あと、よくテレビに出てくる(テレビ見なくなって2年くらいになるけど、NHKニュースあたりではいまだに出てるのかな? 笑)中国の報道官のオバハン。

これがまた腹立つ😡⚡


f:id:aikokuken-ryuji:20170718211915j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718211928j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718211939j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718211949j:image

尖閣の事やら、日本の政治家による靖國参拝の事やらにやたら首突っ込んでくる。

支那中共の代弁者ともいえるこのオバハンの面見ただけでムカついてきます❗💢💢

 

そして、毎年、天安門事件についてはこう言っています。
f:id:aikokuken-ryuji:20170718211958j:image

ハァ!?Σ( ̄皿 ̄;;   無差別に市民に発砲した事や、学生を戦車で轢き殺した事について言ってんのか!?

対応は正しかったって!?(# ゜Д゜)

 

やはり支那中共政府は、マジキチですね。

ただ、その非人道的やり方に異議を唱えた劉暁波氏も、中山議員のツイートにもありますように、亡くなられて遺骨を渡さない、国に逆らった反乱分子は死人となってしても許さない  といった頑なな姿勢に弄ばれているのを我々日本人としても遺憾の念を示さずにはいられませんよね。

 

中国は、戦後、中華人民共和国として樹立する以前から日本とは折り合いが悪く、過去にも盧溝橋事件、通州事件などといった歴史的惨事に見舞われてきました。 

 

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国陥落区の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件で、通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、猟奇的な殺害、処刑が行われた事件です。

これは言ってみれば、中国人による日本人居留民の排日運動の一環として行われた日本人大虐殺なのです。

支那中共政府は、それを南京大虐殺として自分たちの行った通州事件という蛮行を捏造して、未だに世界に流布しているのには、我慢なりません。

この通州事件を、学校では決して教えず、逆に戦時中、帝国陸軍朝鮮人や中国人に口では言えない酷い事をしてきた  とまったく虚偽の歴史である南京大虐殺を無垢な頭脳に教え込むのです。

反日思想教育や、反日無罪なるものは、特亜3国(支那、韓国、北朝鮮)の国家が認める一種の堅固たる法律みたいなものですが、それが日本国内でも行われているのだという事を、知らなければなりません。

これもGHQ占領下で影響された、戦後レジーム自虐史観の成せる業が今なお脈を打っているのだと考えます。 

これについては、前のブログでもご紹介させていただいた『凛として愛』を見れば一目瞭然です。

一昨年の8月15日終戦の日に、靖國神社参拝に行かせていただいた帰りに、このような本が売られていたので思わず買ってしまいました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170718214449j:image

これは市販本ですが、いつかこの教科書が文部省を経て、日本国内の学校で採用される事を近い将来として願っています。🙏

 

話が前後しますが、天安門事件についてある女性歌手がひどく心を痛めていたというエピソードも挙げておきます。

その歌手とは、、1970年代から歌姫として歌謡界に燦然と輝いていたテレサ・テンです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170718214935j:image

テレサ・テンの歌はけっこう好きで、「空港」や「つぐない」「時の流れに身をまかせ」などのヒット曲をよく聴いていました。(*^^*)

彼女は台湾人で、テレサ・テンよりも前にデビューした欧陽菲菲、「魅せられて」などのヒット曲を持つジュディ・オングも同じく台湾人。

政界でも、李登輝前総統、 作家であり批評家でもある黄文雄(こうぶんゆう)氏など日本に絶えずエールを送って下さる方々もこぞって台湾人です。

日本と友好を交わす国は、アジアに数あれど、台湾ほど日本と真の友好を結んでいる国はありません。
f:id:aikokuken-ryuji:20170718215602j:image

そういう日台友好の経緯を語る時に思い出すのは、田中角栄内閣の自民党による日中国交正常化により、台湾とは事実上断交してしまった事です。

あれは今思うと、何考えてたんだろう  と思わずにはいられませんよね。

 

 

さて、テレサ・テン天安門事件を目の当たりにして、どう感じたか......。

それは自らも歌手として、何か民主化の為に貢献できないだろうか......。

このようなテレサ・テンの切実な想いが表れているのが、1989年5月27日、香港のハッピー・バレーで開かれた「民主の歌声を中華に捧げよう」という集会に、メークなしの「民主万歳」と書かれたはちまき姿で登場した事に繋がると思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170718225248j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718225256j:image

彼女は「私の家は山の向こう」という歌を歌い、爆発寸前の深い感情を抑えつつ、美しい情感をこめて歌い上げました。 

当時の映像がYouTubeにあるのですが、何故かみれないので、こちらの動画をアップしておきます。

⬇⬇

https://youtu.be/A3FaAUMF2Uw

 

このように、それぞれの立場で中国の民主化を掲げ、立ち上がり、訴え、そして無惨にも殺された人々への哀悼を惜しみ無く捧げる日本人は、僕だけではないはずです。

中共の横暴、それは中国の民衆、日本にも確実に及んでいるのは明白すべき事実なのです。 

劉暁波氏、テレサ・テン、そして今なお支那中共政府に敢然と闘いを挑んでいる石平氏黄文雄氏、金美齢女史、さらに中共に実効支配されんとするチベットウイグルで弾圧されながらも屈する事なく武力で民族を浄化しようとする人民解放軍への抗議の声を絶やさないダライ・ラマを中心とする人々、また日本で支那中共の政策にNo!!を叫ぶ草の根的運動をして下さる方々......。
f:id:aikokuken-ryuji:20170718221652j:image

 

今、反中共による声はネットを中心に次第に高まってきています。

もう二度と、日本の政治家による靖國参拝に対して何も言わせない❗  尖閣諸島の領海侵犯を断固として許さない❗ チベットウイグルへの民族弾圧は侵略行為だ❗ 南京大虐殺の嘘は通州事件の捏造によるもの❗  といった数々の主張を支那中共政府に突きつけ、いい加減にしろ!!と政府が先陣を切って国民共々声をあげるべきではないでしょうか。

中国の習近平、韓国の文在寅、北朝鮮金正恩というアジアを代表する極悪犯罪人、独裁者たる者達を糾弾し、彼らの暗躍から我が国、ひいては世界を共産主義から守る為に、石平氏の動画の最後にもあるように、日本国が強くなり、毅然とした態度を世界に示す事が日本、世界の平穏に繋がるものだと思わせていただきます。



f:id:aikokuken-ryuji:20170718222759j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718222827j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170718222702j:image

 

あ、その為にはまずは現実問題として、NHKをはじめとするメディアの偏向・捏造報道を正さなければなりませんね😅 
ちょっとやそっとでは揺るがないテレビの影響力の呪縛、洗脳から意識を解き放つのは容易ではありませんが、いつかきっと真実が明るみになり、日本にとって本当の敵は何か、、という事が周知される日が来ることを信じています。

今回も、毎度拙いブログを最後まで読んでいただきまして、感謝を申し上げます。🙇

ありがとうございました(*^▽^*)

 

                                 @2677/ 7/ 18/ 草稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教 ✖ 神道 ✖ 愛国心 を通して繋がる護国精神とは。

皆様、こんにちは😃  aikokuken-ryujiです。

暑いなかお疲れ様です☀☀💦

本当に暑いですよね...(><;)   今朝方なんか、蝉の鳴き声が聞こえて思わず「あぁ...夏の到来が...」と  辟易してしまいました。(笑)

とは言うものの、まだ暦は7月上旬。夏本番はこれからですよね。

来週月曜日は「海の日」で海開きが始まり、全国の海浜でも続々と海水浴に集われる方が多くなると思います。

でも一足先に海水浴行ってる人も、案外多かったりして...😁🌊

何にせよ、熱中症にはお気をつけ下さいませ。m(_ _)m

 

前回の事なんですが、僕の精神的な都合を理由に、計らずも拙作を掲載してしまいました。

最近、つげ義春の漫画を文庫化した本を読んでいるせいか、なんだか文章がそれっぽくなってしまったので、よけい貧相な感じになったのではないかと小心ながらに思った次第です。

それはさておいて、今回のブログに移る前に、僕が心から尊敬、敬愛してやまない歴史の偉人を三人挙げてみたいと思います。

 

一人目は、1960年代に一躍ロックのスーパースターとして君臨し、その後も卓越した才能と音楽性で1970年に解散するまで超人的な活躍と後世の音楽に多大な影響を与えたイギリスのロックバンド、ザ・ビートルズのメンバーの一人、ジョン・レノンです🎵 
f:id:aikokuken-ryuji:20170713162929j:image

彼は音楽を趣味とする僕にとって、名実共にヒーローでしたし、また『愛』についても僕自身いろいろ音楽を通じて教えられた唯一無二の人物でした。

また、日本の文化や信仰についても、深い愛情をもっておられたというのがまた嬉しく、ジョン・レノンを越える音楽家やその人物は、二度と現れないであろうと思いたいところです。

ジョン・レノンは、1980年に40歳で凶弾に倒れ短い生涯を終えましたが、僕のみならず世界中の多くのファンは、彼の音楽を歌い続けていくことでしょう。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713164327j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713164412j:image
写真上は、軽井沢にて。写真下は、靖國神社に参拝した時の写真です。(^^)

 

そして、二人目は、以前のブログでも触れた三島由紀夫氏です。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713164744j:image

三島氏については、ブログに詳細が書かれていますので、そちらをご参照していただきたいと思います。⬇⬇

http://aikokuken-ryuji.hatenablog.com/entry/2017/06/25/172658 

 

さて、最後の一人ですが、今まで挙げた近代史の中の偉人ではなく、鎌倉時代にまで遡らなければなりません。

鎌倉時代、北条家が政権をとっていた時代......ある時、一人の僧が他国の侵略を予言し、果たしてそれは現実になり、日本国の存亡が懸かった戦を繰り広げ、やっと日本は他国の侵略を食い止めることができた。

これを歴史では「元寇」と呼び、すなわちモンゴル帝国の二度にわたる日本侵攻の事です。

 

そう。三人目......というのは、法華経の開祖といわれる日蓮その人です。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713170140j:image

今回のブログは、神道仏教、さらに愛国心と繋がる護国活動とは何かをテーマに、皆様と共に考えていきたいと思っております。

 

仏教神道は違う  と以前Facebookをやっていた時に指摘を受けたのをきっかけに、神道仏教はどうして違うのだろうか......といろいろ考えてきましたが、これといった答えを見いだせず、それでも親に孝行する、ご先祖様、先人や英霊様を敬うを基本精神に今日まで生きてまいりました。

『神社・仏閣~』のブログでも書かせていただきましたが、僕は子供の頃から、神道仏教に根差した環境で育ったので、信心深い性格は今なお消えてはいません。

家は、祖母の代から法華経の教えを通じてご先祖様をご供養する  という信仰をやってきたので、子供の僕も弟もなんとなくこのような本ばかり読んで暮らしていました。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713170914j:image

これは青山書院から出ている本で、お釈迦様や仏教の尊さについての話がわかりやすく書かれています。

今でも何故かこれらの本に愛着が湧きます(≧∀≦)

子供の頃から読んでいたせいでしょうか...。

 

そして大人になった今でも、神道仏教の違いがあまりわからず、昨年、雑誌の『正論』を買い、その誌面で様々な"日本のこころ"というものを再認識しました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170713171443j:image

その中で、日蓮についてのお話が書かれていましたので、画像だけ掲載させていただきます。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713171541j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713171553j:image
少し見にくくて、申し訳ございません💦

部屋が暑いせいか、スマホがすぐ熱をもってしまってカメラ機能があまりうまくいかないもので😣

いや、それとも僕の写し方が単に下手なだけか?(笑)

 

日蓮法華経の開祖としての認識が一般的には高いかと思われます。 

実際そうで、多くの弟子を生み、後世の宗教などに影響を与えてきました。

しかし、僕の思うところはちょっと違うのです。

何が違うのかというと、日蓮法華経を世に広め、『南無妙法蓮華経』というお題目が仏教のスタンダードのひとつとなった事は言うまでもありません。

しかし、仏教の概念だけで日蓮その人を語るのは、勿体ない気がしてならないのです。

日蓮は、北条政権のもと、モンゴルが日本に攻め入ってくるのを予兆し、群衆に「敵が攻めてくるから、それに備えよ」と訴えたにも拘わらず、ほかの宗派の人からよく思われず妨害を受けたり、お役人が「嘘を申すな!そのような戯言を並べ立て町民を惑わす魔の者め!」と幾度となく捕られられたり、日蓮に対する迫害はすごいものでした。

しかし、日蓮の言いたい事はなんだったのか。

それは、他国が侵略してくることに少しでも危機感を抱け  という訴えだったのだと僕は解釈します。

日蓮は、町民を惑わす気などなかった、、法華経の教えこそが日本を救う手法だと信じて疑わなかったものですから、何度迫害されても熱っぽく訴えたのです。

 

これを現代に置き換え(また、置き換え。最近多くてすみません 笑)たら、まさに先の三島由紀夫氏や街宣で草の根活動をしておられる方々などと酷似しているとは思えませんか?

今、中国の艦隊が執拗に沖縄の尖閣諸島に領海侵犯を続けている。

初めて中国が、尖閣諸島の領海侵犯をしたのはいつなのか。ネットでは、2013年7月頃だろうといわれていますが、本当はもっと前からやっているのではないか......。

中国が尖閣諸島の領有権を主張しているのは、遥か昔からです。

島根県竹島には、すでに韓国の軍隊が統治し、韓国人も何人か住んでいるというではありませんか。


f:id:aikokuken-ryuji:20170713174029j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713174128j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713174154j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713174225j:image

おかしくないですか!?

そして、お花畑といわれる平和主義的日本人は、中国がいずれ攻めてくると言っても、そんな筈はない  とタカを括っているのです。

どうしてそう言い切れるのでしょうか?

これについて、多くの保守論客、愛国者の方々がネットなどで危険性を叫び、はたらきかけていますが、信じてか信じてないのか、多くの日本人は知らん顔の人が多いです。

日蓮も、蒙古が襲来してくる!!といくら訴えかけても、役人に危険分子と見なされ信じてもらえなかった。

いつの世も、危機感の無い国民性は、いつの日か国の滅亡を目の当たりにするのだという事を肝に命じてもらいたいものです。

昨年でしたか、ちょうど今のような季節に、横浜でデモ行進があったので参加させていただいた後に、横須賀中央駅前で現役の陸上自衛隊の友達とお会いして、喫茶店に入り、愛国話に花を咲かせている中、ふと僕が三島由紀夫氏の市ヶ谷での事について意見を仰いだところ、その方は「うーん...やはり三島氏のやった事は、時期尚早だったと思いますね......」と苦々しい表情で言っておられました。

そのあとで「ただ、今の現代で三島氏と同じ事をしておられるのが、桜井誠さんですよね」と付け加え、桜井さんは素晴らしい方ですよ  と嬉々として話しておられたのを覚えています。

僕は、それらの話をしっかり胸に刻み込んで、横浜をあとにしました。

 

まんが日本史蒙古襲来YouTubeさんから。⬇⬇


Japanese History Animation 22 「Mongolian invasion」まんが日本史 「蒙古襲来」 - YouTube

 

 

さて、日蓮について話をしてまいりましたが、日蓮の帰依する教義というのが実は「釈尊」というところが、僕としては興味深いところです。

釈尊=つまりお釈迦様のことです。

 

すべての仏教の始まりは、お釈迦様の教えから派生したのも同然で、日蓮法華経という独自の教義の中にお釈迦様の教えを取り入れた事で、法華経信者は世界中に多くの信奉者をつくりました。

法華宗日蓮正宗、立正佼正会、創価学会......etc.

どれにも僕は入っていませんが、いろいろある中で、真に法華経を正しく教えている宗教団体がどれくらいいるのか......。

 

しかし、日蓮は僕の尊敬、敬愛する人物の一人です。

法華経を通じて、ご先祖様をご供養するのを教えていただいたのも、日蓮の教えが基盤にあったからだと思います。

 

「我、日本の柱とならん」

「我、日本の眼目とならん」

「我、日本の大船とならん」

 

というあの有名な言葉にも、釈尊の影響があったのかどうかは定かではありませんが。

 

で、最後にもうひとつだけ☝(ドラマ「相棒」の右京ではないw)、日蓮法華経についての逸話をご紹介します。

日蓮は、ある日から山梨県にある身延山(みのぶざん)に隠棲し、現在の思親閣がある身延山山頂に登り、亡き父母の墓のある房総の方を拝しては両親を偲んでいました。

建治3年(1277年)9月、身延山山頂から下山の道すがら、現在の妙石坊の高座石と呼ばれる大きな石に座り信者方に説法をしていた。その時、一人の妙齢の美しい女性が熱心に日蓮の説法を聴聞していました。

「このあたりでは見かけない方であるが、一体だれであろうか」と、南部公をはじめ一緒に供をしていた人達はいぶかしく思ったのは言うまでもありません。。

日蓮は、一同が不審に思っている気持ちに気付き、また読経や法話を拝聴するためにその若い娘が度々現れていたことを知っていました。

その若い女性に向かって、「皆が不思議に思っています。あなたの本当の姿を皆に見せてあげなさい」と言った。すると、女性は笑みを湛え「お水を少し賜りとう存じます」と答えると、日蓮は傍らにあった水差しの水を一滴、その婦人に落とした。すると今まで美しい姿をしていた婦人は、たちまち緋色の鮮やかな紅龍の姿に変じて仰った。

「私は七面山に住む七面大明神です。身延山の裏鬼門をおさえて、身延一帯を守っております。末法の時代に、法華経を修め広める方々を末代まで守護し、その苦しみを除き心の安らぎと満足を与えます」と。

そう言い終えるや否や、七面山山頂の方へと天高く飛んで行きました。

その場に居合わせた人々は、この光景を目の当たりにし随喜の涙を流して感激したといいます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170713181655j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713181706j:image
実際、身延山にある奥之院(おくのいん)には、七面大明神を祀る岩みたいなものがあって、そこを2週くらい廻ると、良いらしいですよ。(*^^*)

日蓮七面大明神の話は、あくまで伝説ですので。😅

 

仏教には様々な宗派がありますが、僕は法華経以外はあまりよくわからないので、ここで書くのは控えさせていただきます。

そして、先ほど書いた仏教の対岸にある神道についてお話していきたいと思います。

書く前に、ちょっと待てよッ......ムムム...(-_-;)

やっぱり僕には仏教神道の違いがわからないです😂

ですが、神道とは、日本人の誰もが持っている精神だと信じています。

仏を敬う心、神様を敬う心、それらは日本人の心に根付いているのです。

ただ、それに気づくことなく生きている日本人が多いという事だけで、徐々に掘り返していけば必ずその極致に達するものだと信じています。

日本人は、誰一人薄情な人間はいない。

いたとしても、それらの人は、気づいていないだけだと。

脈々と受け継がれてきた、日本人の精神を......。

 

先程、尖閣諸島の話を書きましたが、今こうしてる間にも尖閣周辺には中国船が大挙している事だと思います。

彼らは領海侵犯するだけで、決して何もしてこない、、すなわち日本国民にこう思わせようとしているのです。

「あれだけ中国の船が尖閣周辺に来てるのって、ちょっと異常だよ。もしかしたら、こうまでしつこくしてくるって事は、本当は尖閣諸島って元々は中国の領土なのかも。」

こう考えさせるために、毎日毎日尖閣周辺に船を動員する中国の印象操作が、本当は日本の領土である尖閣諸島を危うい状態にさせているのです。
f:id:aikokuken-ryuji:20170713184107j:image 

 

親日派で知られる、台湾の李登輝元総統も、日本における信仰について書籍で書いておられます。

本書で李登輝氏は、第六章で『信仰は力なり』と題し、日本精神の素晴らしさと自らの境地「私でない私」台湾の言葉で表現するところの「我是不是我的我」について語っておられます。

こちらも是非、ご一読される事をお勧めします(*^^*)

 

熱誠憂国 日本人に伝えたいこと

熱誠憂国 日本人に伝えたいこと

 

戦後70余年......今の日本に住む日本人は、大半が平和ボケし、ひとたび戦争となると狼狽し、命を失くすのは嫌だとか、政府は戦争をしたがってるとか、ありもしない妄執にとり憑かれ、自己保身に走るのでしょうが、台湾をはじめとするアジアの人たち(特亜3国をのぞくのは、モチのロン❗)は、日本の事を日本人以上に気にかけ、心配し、憂いています。

当の日本人が立ち上がらなくて、どうするつもりなのですか!?

神道と云ふは  人々日用の間にあり」(度会延佳 わたらい・のぶよし 「陽復記」『神道のことば』より)とあるように、神道は日本人に生まれた時から備わっているDNAと同じくらい重要なものです。

普段の生活の中でも、常に日本人たるを忘れず、日々をこなしていく事が大切であると思わせていただきます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170713185455j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713185517j:image

僕は幼き頃より法華経の教えに触れ、その仮定で神道を知るようになり、好きになり、学び、それらから自然的に芽生えた愛国心......三つの要素をミックスし、重ね合わせた結果、今の僕がいるのだという事です。

 

最後に、『別冊 正論27』の中の【『立正安國論』で今もある危機説いた日蓮  ー迫害受けても国や民、自らの親を思うー  筆者:北川前肇氏】からの文を引用、掲載させていただきます。

 

「国を治める帝王は、国家の制度を基として、国をおさめ、人々は田畠を耕して世の中に生きています。

そうであるのに、他国から攻められて国土を侵略され、また国内の戦乱によって、土地が奪われたならば、どうしておどろかずにいられましょうか。どうしてさわがずにいられましょうか。

国が亡び、家を失ったとすれば、いったいどこにのがれるところがあるでしょうか。

あなたが、自分自身の安らかなことを願うのであれば、まず何をおいても国の四方が穏やかであることを祈らねばならないのでは、ありますまいか」


f:id:aikokuken-ryuji:20170713190150j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713190225j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170713190310j:image


今回も拙い文章のブログを、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました🙇

これにて、失礼致します。

 

                                  @2677/ 7/ 13/ 草稿