aikokuken-ryuji 日々の草稿

日々aikoku=愛国.音楽大好きな犬=ken@10年20年もっと後の日本に世界に平穏あれ。

カルト教団『創価学会』の闇について

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

最近、仕事が忙しく体が疲れ気味です😣💦

僕の今やってる仕事は、朝6時から始まるので4時半には目を覚まして朝食をすませ、5時過ぎには家を出ています。

週5日で休みは2日もらえていますが、仕事内容がけっこう体使ったり常に動いている仕事なので、毎日疲れます。

ただし、労働時間は9時間拘束の8時間労働、つまり6:00~15:00まで。

あとはフリーダムで、疲れた体を休めつつTwitterをみたりYouTubeみたりしています(笑)

もう6月中旬だというのに、大阪では雨があまり降らない日が続いています。

今年は(も?)空梅雨なのかな❔と思いつつ懸念されるのは、水不足。

昨年、東京では梅雨時にほとんど雨が降らなかったようで、東京在住の友達がえらく心配しておりました💦

今年はどうなんだろうか......。

 

いろいろ冒頭で雑談を展開してまいりましたが、そろそろ今回のブログのテーマにうつらさせていただきます。

 

今回のブログは、『神社・仏閣について』→『日教組について』→とくれば...!

なので、前回のブログを公開後にすぐに次回のブログのテーマが頭に閃きました。

今回は......ズバリ!  『カルト教団創価学会の闇』と題しまして、世間の知られざる新興宗教創価学会』の闇にスポットをあてて、毎度お馴染み、僕個人の考察と真実を絡めながらお話ししていきたいと思います。

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170618144807j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618162512j:image

創価学会といえば、法華経系の在家仏教の団体で、国内に公称827万世帯を擁する新興宗教である。「創価」とは「価値創造」の意味。創価学会は価値の中心に「生命の尊厳」の確立を置き、それに基づいた「万人の幸福」と「世界の平和」の実現を目標としている。 

設立は1930年(昭和5年)、旧名は『創価教育学会』でした。

「生命の尊厳」「万人の幸福」と唱えるあたりは宗教全般にあたる人類救済と至福を示していますよね。

創立時は、意外とマトモな新興宗教団体であったのかもしれません。

しかし、2代目会長の戸田城聖が1954年(昭和29年)に政治、選挙に関わった事から1964年(昭和39年)、公明政治連盟(のちの公明党)を結成して、宗教が政治に介入、干渉するといった事態が起きてしまいました。

設立時は「政治を監視するため」との主旨で結党されたのですが、日本国憲法第20条に「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
三 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と記されています。

これは明らかな憲法違反ですよね。

まぁ、広義から言えば日教組民主党も、日教組カルト教団だと見据えれば立派な憲法違反ですけどね(^_^;)
f:id:aikokuken-ryuji:20170618162621j:image

 

だからといって、創価学会がカルトであるという証明にはなりません。

創価学会が今までどういう事をやってきたのか......人々や世間に一体どういう影響を及ぼしてきたのか。

あまりにも事案が多すぎて、ここで挙げるのは困難ですが、僕の私見による立場からいくつか挙げてみたいと思います。

 

まず、折伏大行進(しゃくぶく だいこうしん)について。

当時日蓮正宗の信徒団体であった「創価学会」が当時第2代会長であった戸田城聖の下で1951年(昭和26年)から推進した大規模な勧誘運動。 

この中で一方的に強硬な勧誘をされた人がたくさんいます。

その中の一人は自殺にまで追い込まれているといわれています。

僕としては許せないのが、思考能力の鈍ったお年寄りや精神病患者など心身ともに月危弱な人たちに詰め寄り、信者がその対象者を囲み、折伏を行った事です。

そうやって無抵抗な人間を会員として数を増やし、創価学会は一大勢力を得て、巨大な新興宗教の組織として発展していきました。

しかも、折伏した人の中には、子供が病気で「信心すれば必ずよくなる」と言われ、藁にもすがる思いで入信したにも拘わらず、毎日必死で信心したのに我が子が亡くなってしまい、それを先輩に言ったところ、「あなたの信心が足りなかった」と一蹴されたとの話もあります。

「信心が足りなかった」まさに殺し文句ですよね。

 

そして次は、3代目創価学会の会長となった、池田大作についてお話したいと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170618144749j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618144828j:image

話す前からいきなり、このような画像を出してすみません(笑)

なんせ、池田大作は初代会長の牧口常三郎、2代目の戸田とは比べ物にならないほどのワルですから。

何故、池田大作がワルなのかと言うと、池田大作は1960年に創価学会会長の座につき、1979年に会長を退いて、名誉会長に就任。

その後は、目立った活動をみせず座談会などで会員がDVDをみせられる程度だそうです。

ネットでは、すでに死んでミイラになっているとの情報をよくみますwww

池田大作は、もとヤミ金業者で、かなり悪どい取り立て屋をしていたといわれています。


f:id:aikokuken-ryuji:20170618145748j:image

もっと驚くべき真相は、池田大作はな、なんと!日本人ではなく韓国人であるということ。

通名池田大作 本名=ソン・テチャク(成太作)。

これはネットで検索すれば、かなりの確率でドンピシャリです。

実際、日韓友好など聖教新聞(創価学会の機関紙)で例の『世界平和』に乗っかって喧伝しています。

僕の友達に、もと創価学会員がいますが、その子の母親は、池田大作は信者の主婦にいやらしい事をしているとの噂を聞き、気持ち悪いと言っていました。

脱会した後、何度も自宅にやってきて、恫喝を受けて怖い思いをしたと言ってました。

 

僕も友達が創価学会員だった頃、選挙当日にまだ選挙を済ませてないと言った端から、近所の同じ地区の学会員のおばさんを呼んできて、「選挙まだなん?そらあかんわ!車で投票所まで送ってあげるわ」と半ば無理矢理車に押し込まれそうになったので、慌てて逃げた事がありました。

違う日に、友達に神社でお詣りしようと持ちかけましたが、神社にはお詣りしたくない...と拒否られました。

 

座談会では、未会員が訪れるときまって口のたつ学会員数名が未会員の方を取り囲んでしつこいくらいに説法や勧誘話をすると聞いています。


f:id:aikokuken-ryuji:20170618151219j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618151249j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618151511j:image
脱会者を出すのは各ブロック、地域の長をつとめる人の恥として認識され、脱会していく者、意思表示をした者にストーカー行為、恫喝、脅迫行為をする。これは完全に常軌を逸しています。

過去の強制折伏と合わせて考えれば、合点がいきます。

創価学会は、フランスなど各国ですでにカルト指定を受けている危ない教団なのです。

 

下記リンク⬇⬇【マスコミが報じない!創価学会系企業のまとめ】

https://matome.naver.jp/m/odai/2133663191140833401 

 

また、この話を持ち出すとヤバイと周囲の人によく聞きます。

いわゆるタブーなのでしょうね。(前回の最後に追伸でタブーに触れてみたい  と銘打っていました 笑)

何故タブーなのか!?  その答えは芸能界や各主要メディアにありました。

中でも一番酷く侵食しているのは、ほかでもない芸能界ですね。

ざっと挙げてみただけで久本雅美山本リンダ雪村いづみ柴田理恵高橋ジョージ三船美佳上戸彩石原さとみ......エトセトラ、エトセトラ......   と、数多くの著名人の名が羅列されてしまいます。

この方たちは、テレビでもよく見かけますよね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170618153305j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618153316j:image
これはネットでみた話なのですが、ある某芸能人が創価学会に入信しろと多数の久本雅美の配下(笑)の芸能人がひつこく詰め寄ったが返事はノー。

その結果を配下の一人が久本雅美に報告し、ほどなくして勧誘を断った某芸能人は番組を降板させられ仕事も激減したらしいです。

これが、芸能界の真実です。某芸能人だけでなく、ほかにも入信を拒否した芸能人は、見事に干され、テレビでもあまり見かけなくなってしまいました。

すべては久本雅美いかんによって仕事の有無が決まるわけです。

創価が絡んでなくても、芸能界というところはズブの素人にとっては異世界。トンデモナイところだと察しがつきますが、これはまさにヤバイです(# ゜Д゜)💦

 

そしてこれはかなり前の事件なのですが、芸能界で創価学会の手により、二つの巨星がc墜ちました。

ひとつ目は、J-POP界黎明期の人気アーティスト、尾崎豊

そしてもうひとつの巨星は、日本映画界の鬼才、伊丹十三


f:id:aikokuken-ryuji:20170618154224j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618154243j:image
二人はどちらも、公には「自殺」となっていますが、実は謎だらけです。

ネットで調べた僕の考察から書かせていただきますが、二人は明らかに創価学会に謀殺されたのだと思います。

 

まず尾崎豊。彼は奥さんが熱心な創価学会員で、夫が突然創価学会の事について疑いをもったのをきっかけに妻は、創価学会のお抱え暴力団後藤組』に夫の暗殺を持ちかけた......。

ちょっと突拍子な話ですが、ネットで見た限りの僕の私的考察は、このように行き着きました。

亡くなった時、体にいくつもの痣があったのも、後藤組の何人かに襲われて暴行を受け、命からがら自宅近くまで逃げ帰ったのだと思います。
f:id:aikokuken-ryuji:20170618155308j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170618155317j:image
そして、伊丹十三監督の死ですが、伊丹監督は前作「マルタイの女」でカルト教団の脅迫と恐喝について触れておられましたよね。


f:id:aikokuken-ryuji:20170618155526j:image
これは過去に「ミンボーの女」公開時に伊丹監督が暴漢に襲われた時と、警察に数日間『マルタイ=○対』として身辺保護を受けた時の実体験を描いているにすぎません。

伊丹監督が、狙われた理由とは何か...?

それは監督の次回作に答えがあります。

伊丹監督は「マルタイの女」の次回作は、創価学会をモデルに新興宗教を問題視する作品を企画していたのだと。

それを創価学会に嗅ぎ付けられ、例によって後藤組が派遣され、伊丹監督にワインを飲ませまくり、泥酔酩酊状態にしておいて、屋上から自殺に見せかけて突き落として殺した......。 

 

これらが真実であるかどうかは、僕にもわかりません。

ただ、可能性(Possibility)があると記述しているだけです。

真実か否かを決めるのは、各個人です。

僕は、これらの創価学会による陰謀説を信じています。

 

創価学会は、 1975年(昭和50年)には創価学会インタナショナル(SGI)を発足させ、日本を含む世界192カ国・地域に1,200万人を超える会員を擁しています。

今ではSGIとして世界に創価学会を認知させようと必死です。

残念ながら、上記にも書いた通り何ヵ国がカルト教団と指定しています。(笑)

僕の住む地域には、近くに創価学会の会館が多数みられ(東京都信濃町に住んでいるのではありません😂 笑)地域住民も多くが創価学会員だと思われます。
f:id:aikokuken-ryuji:20170618162447j:image



でも、僕は大声で創価学会や韓国を避難したり、友達と話していますが、今まで一度としてストーカー行為や暴行を受けた事はありません。

よく創価学会は恐ろしい、関わるのをやめろと言われますが、彼らは尾崎豊伊丹十三を消したように都合の悪い事を公にされたくないが為に手段を選ばない連中です。

週刊新潮も、創価学会の闇について雑誌に掲載したところ、翌日学会員が買い占めて燃やしたという事件もありました。

彼らは、洗脳によって自己を保ち、洗脳によってでしか会員を懐柔できない惰弱な一新興宗教団体とかわりないのです。

統一教会天理教、韓国ウリスト教団、幸福の科学など危ない宗教団体が軒ならびにある中、創価学会は一番危ないと知られた宗教団体にすぎないのかもしれません。

 

【在特会】「桜井誠」 洗脳カルト宗教団体「創価学会」を語る - YouTube

 

ほかにもパヨク、極左活動家、売国奴議員、反日企業、法務省、外務省など大規模にわたって我が国を貶め、傷つけ、中には金をせしめて欣喜雀躍する者まで発生している今日この頃。

共謀罪、テロ等準備罪の可決により、一部のパヨク、お花畑が半狂乱になっていること。

これらを推して知るべきです。これが現実社会に蔓延している「悪」なのです。

自分の周りでは何事もない、自分の周囲は平和だからいいや  と知らんぷりしている時ではありません。

日増しに我が国は、売国奴によって貶められ、国家の名誉を傷つけられています。

その事に気づくべきです。今の日本人は❗

 

テレビを見るのをやめて、ネットの情報を取り入れ、何が間違ってて何が正しいのか...見極める時は今です。
f:id:aikokuken-ryuji:20170618162550j:image

今回も、拙い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)

まだまだ書きたい事があるのですが、今回はこれにて失礼致します🙇

 

                               @2677/ 6/ 18/ 草稿 

日教組の自虐史観と反日思想教育による、日本解体の危険性を考える

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

いつも僕の拙い文章をお読みいただきまして、ありがとうございます🙇

本当は、より多くの方々に読んでいただきたいと思っておりますので、もっとうまく、わかりやすく書きたいところなのですが、何故かうまくいかず毎回悔やむばかりです。

これからはもっと文章力に磨きをかけ、かつわかりやすく書いていけるよう精進致します。これからも、よろしくお願い致します。m(_ _)m

 

前置きが長くなりましたが、さっそく今回のテーマにうつらせていただきます。

今回は日教組(にっきょうそ)について書かせていただきます。

日教組とはなんぞや?  と思われる方は今や少数派だと思いますが、よく知らない方のために簡単に説明させていただきます。

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170611130308j:image

🔍日教組(『日本教職員組合』の略称)

英語:Japan Teachers' Union、略称:JTU)は、日本の教員・学校職員による労働組合の連合体である。教職員組合としては日本最大であり、日本労働組合総連合会(連合)、公務公共サービス労働組合協議会(公務労協)、教育インターナショナル(EI)に加盟している。また、かつては旧社会党共産党及び民主党、その後は民進党社民党の支持団体の一つであり、両党に組織内候補を輩出している。 

 設立は1947年(昭和22年)6月、終戦の日より2年後といったあまりにも早い時期でした。

組合員数は、約24万1000人(平成28年6月30日現在)であり、地方の教育委員会などの親分にあたる日本の教育組織で最大のものです。

この組織団体は、今まで何をしてきたのか。

ここからは僕の主観で書かせていただきますが、彼らの今までやってきた事といえば、教育の現場に於いて主に「第二次世界大戦時の日本の蛮行を教え込む」「先の戦争を起こした張本人は日本の帝国軍、また多くの中国人、朝鮮人を差別し虐待し虐殺した」などといった事ばかり。

もちろん『南京大虐殺』なんぞは本当にあった歴史的事実として日本の汚点のひとつだと教科書にも記載されています。

社会科の授業では、近代史になると途端にこういう事を先生は息巻いて教えるのだそうです。

すべては日教組の差し金であると思われます。

さて、これらの歴史は史実においてすべてデタラメ、捏造、嘘だというのを知る事は、昔ほど困難ではありませんよね。

ネットが全面普及している今の世の中ですから(笑)

しかし、この嘘の話を小・中学校では未だに熱心に教えている教師が全国にゴマンといるのですね。

僕の通っていた小・中学校も日教組な感じの先生がいました。それで僕も日本軍は当時朝鮮人にひどいことをしたと教えられた記憶があります。

今となっては、それは嘘だったと認識していますが。

太平洋戦争(正式には大東亜戦争w)は、史実では決して日本が領土拡張、アジア侵略のために起こした戦争ではなく、すべて自尊自衛のためにやむなく起こったものなのです。

有名な真珠湾奇襲攻撃(パールハーバー)を敢行したのも、欧米列強の無慈悲な日本への経済制裁が困窮したからこその苦渋の決断だったのです。

この辺は学校の授業では決して習いませんよね。

ですが、これこそが真実の歴史なのです。

あと、南京大虐殺事件ですが、これは公開されている写真などを専門家が検証したところ、すべて捏造、嘘であると結果が出ています。

一部で有名なアイリス・チャンの書いた『レイプ・オブ・南京』などはまったく歴史的信憑性はゼロで、多くの写真が捏造であるとネットでもたくさんあげられています。

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170611132406j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170611132415j:image

その後、自分の書いた著作の内容が間違いであった事を悔やんでかどうかはわかりませんが、2004年11月9日、アメリカのカリフォルニアで自らの頭を撃つという悲劇的な最期、拳銃自殺を遂げました...。

彼女は、彼女なりにいろいろ悩んでいたのだと思います。死人にくちなし、、今となっては死を悼むばかりです。😢

 

感傷に浸ってばかりはいられないので敢えて厳しく言わせていただきます。南京大虐殺事件というのは歴史には存在しないのです。

当時、南京に進行した日本軍のおかげで地の治安は以前とは比べものにならないくらいよくなったということです。

ですから、これらの先生が学校で教えてる歴史は嘘ですよね。

あと、許せないのは特攻隊についての学校での教え方です。

わざわざ、特攻隊のフィルムを視聴覚室かどこかで生徒達にみせて、出撃し、敵空母に体当たりして炎上するところをみて、生徒達の中から、どっ❗と笑いが起き、先生も同じように笑い「バカだよなー」て感じで煽るのです。

「皆もこのように命を粗末にするんじゃないぞ」「お国のために死ぬなんてナンセンス」

こんな授業......信じられますか?  日本の未来永劫の平安を願って特攻隊の方々は散っていかれたのですよ!?

それを笑い物にするなんて...悲しくて、涙が出ます!!😭

同時に怒りさえ湧いてきます。

本当なら、我が国の未来のために尊い命を犠牲にして散っていかれた  と教えられないのか!?  特攻隊の人たちは、君達の未来のために死んでいったのだ  と言えないのか!?

非常に残念でなりません。どうして、こういうデタラメな教育が成り立つのか...それは、すべて日教組の間違った教育方針が元凶となっているのです。

 

日教組は、かつて「ゆとり教育」という教育法を標榜し、2002年~2010年頃にわたり、一貫して厳しい教育などをしないようになりました。

教師による体罰の問題も、ジェンダーフリーフェミニストなどから問題視されていた事もあってか、このゆとり教育は8年にもわたって学校教育の中で施行されてきました。

結果は、社会に適応できない、大人になっても子供心がぬけきれない、何に関しても深く考慮しない、思慮しない、平和であったならすべてOKな自立心の欠片も無い下らない人間を多く輩出(排出? 笑)してしまっただけですよね。

俗に言う「社会不適合者」

彼らは学校側の方針によって人間の本分さえもまともに理解できない惰弱な人格を抱え、実際社会に出て、右往左往して苦しんでいます。

それもこれも、すべて日教組の誤った教育方針が原因なのです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170611134829j:image

ハァ!?(゜Д゜#)  何言ってんの!?💢💢💢

 

そして彼らの間違った教育、歴史の授業で言えば自虐史観を教え込むことで誘発する危険性とは何か。

ハッキリ言って、日本解体です。

 

日教組、ひいては日本の大半の先生が、上記にしるしたような事を日常で教えていたら、子供たちは日本を自然と嫌いになり、日本人である事を恥ずかしく思い、国家から目を遠ざけてしまいます。

日教組は、それを最大の目的としています。

子供たちに、日本は悪い国だったと教えることで、愛国心を失わせようとしているのです。

 

日本の自虐史観は、戦後のアメリカ占領下でGHQによる政策が主に挙げられますが、まさに日教組GHQの意志を連綿と引き継いでいると言えるでしょう。 

これについては、高橋史朗氏著作の『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』に詳細が書いてあります。

日教組の事も多少書かれていますので、よろしければご一読をお勧めします🎵

 

 さて、日教組の許されざる所業をいろいろと語ってまいりましたが、この組織を潰そうと声をあげ、草の根運動をされている愛国者、保守の方々もおられますが、この団体を亡き者にするにはとても巨大すぎて、なかなかできません。

と言うのは、日教組を潰すには民進党も同時に潰れないと難しいのです。

何故なら、民進党の支持母体は、ほかならぬ日教組だからです!!


f:id:aikokuken-ryuji:20170611141029j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170611141038j:image

民進党(旧民主党)の支持者は、統一教会とかいろいろ仄聞しますが、何よりも日教組が大きな支持勢力となって毎回選挙には組織票が投じられます。

事実、民主党政権となった時の幹事長が輿石東、彼は日教組です。


f:id:aikokuken-ryuji:20170611141317j:image

そして、ルーピーこと鳩山由紀夫も(笑)
f:id:aikokuken-ryuji:20170611141351j:image

ひどいですよね(>_<;)

民主党政権になって、教育現場はさらに、一層、酷くなりましたよね。

保健体育の授業で、あまりにもドギツイ性教育を平然とやり、それを恥ずかしいという概念を子供たちから無くす。

羞恥心を無くした人間というのは、単なる獣と同じです!!  

かつて観た木下恵介監督作『カルメン故郷に帰る』という1951年の日本映画初のカラー映画(そこ、いる? 笑)で往年の名優、笠智衆が「恥ずかしいという感情は、人間だけが持っているものだからね」と言っていたのを思い出してますwww

犬、猫、豚、牛などの畜生(あくまで仏教用語)には、恥ずかしいという感情はありません。羞恥心というものは、人間だけが持ちうるホモ・サピエンス的感情だと思います。

それを欲望のためだけに解放しろというのは、間違っていると思います。

そんな過激な性教育を志す日教組の思惑は、行き着くところは日本解体なのだと然るべきです。

性にだらしなくなり、日本人をセックス狂いの民族に仕立てあげようとしているのです。

この点は、毎日新聞の悪辣な偏向記事とかぶりますね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170611142357j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170611142429j:image

歴史的史実の歪曲、捏造、自虐的教育、フェニミズム、性教育の過激さ、ゆとり教育の罪、すべてをとっても日教組のやってきた事はアメリカGHQ占領政策の引き継ぎだと思ってもいいかもしれません。

それだけ、日本が虐げられ、貶められ、地盤を弛められているのです。

 

知人の話なのですが、娘さんが小学生の頃、先生に「日本は悪い事をした。これからの日本人は中国の人や韓国の人に悪いと思って生きなければならない」と言われたところ、学校から帰って親に話したところ「そんな先生は、中国か韓国に行ってもらえばいいんだよ」と話したところ、娘さんが翌日先生に同じ事を言ったらしいです(笑)(笑)

しかし、翌日から先生による娘さんへのいじめが始まったと言っておられました。

先生が生徒をいじめる!?  これは常軌を逸していますよね。

決してあってはならない事。いじめは先生が率先してなくしていかなければならないものなのに、思想の違いで生徒をいじめるなど言語道断だと思います。

日教組の正体 - YouTube

日教組は、本当に日本の癌です。皇室さえも公然と生徒の眼前で否定します。

弟の小6の担任は、天皇陛下の事を「君が代は誰や?天皇のことやで!」とあからさまに激しく批判していたと聞きました。

僕自身、小学校の卒業式には『君が代』ではなく『仰げば尊し』でもなく、当時流行っていた岡本真夜の『TOMORROW』を歌わされました。

今では、なんでやったんやろ...と思うばかりですが。 

下記リンク:日教組教師の特徴、見分け方⬇⬇

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/niti2.html

 

僕は、20歳半ばくらいまでお花畑で生きてまいりましたが、今はネットやSNSなどの影響で、考え方が360℃かわりましたが、現根、学校で授業を受けている若年層はどうなのか...。

日教組による安倍自民党反対❗といった言動をしているのではないか...?

子供を戦争に行かせるな安倍自民党とか日教組に影響されたフェミニストママ達が、子供に良からぬ事を教えてるのではないだろうか。

僕は本当に日本の将来を心配します。

このまま、日教組による自虐的、反日思想教育が子供たちに教え込まれ続けるなら、覚醒した僕らが親となって、間違いを指摘してあげなければ、日本は本当に愛国心の無い若者ばかりになり、酷い国に成り下がってしまいます。

今からでも遅くはないと思います。何も知らない、いわけない子供たちを悪の道から救い、先導してあげるのは大人としての僕らの役目であると。


f:id:aikokuken-ryuji:20170611144824j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170611145033j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170611145115j:image

 

今回も、最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*^.^*)  感謝!

 

 

(追伸=次回はもう少し危険な、タブーなテーマに触れようと思いますw)

 

                                @2677/ 6/ 11/草稿 


 

 

 

 

昔の学生運動とは、なんだったのか...

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

6月にはいって、だんだんと暑くなってまいりましたね💦

初夏の訪れで、早くも熱中症で倒れてしまう児童やお年寄りがちらほらいます。

どうか、皆様お体にお気をつけ下さいませ。m(__)m


f:id:aikokuken-ryuji:20170604154516j:image

 

今回のブログにうつる前に、僕の過去を少しだけお話しさせていただきます。

僕は今ではいろいろ日本について話しているのですが、もともとは何も知らない、いわゆる「お花畑」と言われる人たちと同じでした。

10代~20代半ばまでは、ひたすら仕事に従事し、その中で音楽を聴いたり映画を観たり、二度とない若い時代を自分だけの悦楽として楽しむ日々を送っていました。

19の頃、ふと手にしたギターで音楽の趣味に磨きをかけ(笑)練習していくうちに、昔のフォークソングに傾倒していき、良きか悪しきか、1960年代に流行っていたフォークソングを聴くようになりました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170604112408j:image

その流れで当時、日本のいたるところで頻発していた学生運動というのを知り、彼らの間で流行っていた『反体制フォーク』というメッセージ色の強い歌を聴くようになり、運動のいろいろを本などで読み(当時ネットによる情報などはあまり普及していませんでした)

 あの頃の若者たちは、国の事を考えて闘っていたんだなぁ...と思い込んでしまいました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170604111838j:image

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170604111849j:image
大人たちの矛盾や日和見主義、ご都合主義的な社会では当然の如く交わされている負の部分が、まだ純粋な若者たちには受け入れがたかったのだと。
まだ20前後だった僕も、何故か彼らに感情移入して、学生運動を肯定していました。

 

さて、だいぶ遠回りしてしまいましたが、本題に移ります(笑)

今回は、60~70年代の学生運動とはなんだったのか  について書いて行こうと思います。

岡林信康の友よを学生運動の風景をバックに】YouTubeさんから⬇⬇

https://youtu.be/XjBm-MsCJxI

 

学生運動は、1960年代に『全学連』という組織が「安保粉砕!」と声をあげ国会を取り巻いてデモをした事に始まり、その後多くの学生を巻き込んで社会現象ともなる大々的な運動を繰り返してきました。

1955年から始まったベトナム戦争(北ベトナム南ベトナムによる内戦)に、1964頃からアメリカが軍事的に介入し戦局が泥沼状態に化してきた時に、学生たちが日米安全保障条約で日本政府がアメリカに荷担する事は、アメリカと一緒になってベトナム戦争に参加しているのと同じだ!と、まず自分たちに身近な大学を相手取って糾弾を始めました。

その後「学費値下げ」やら「東大を動物園にしろ」やらいろんな要求が掲げられてきました。

時代とともに様々な主張のもと、組織もねずみ講のように増え、運動の終焉(あの有名な1969年東大安田講堂陥落)直前ではすでにノンポリ学生(ノンポリスティック=直接政治的思想のもとで運動に参加していない学生)は少なくなり、政治思想の強い学生が主導となって組織されていきました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170604143431j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170604143445j:image

彼らは一体何をしたかったのだろうか。

お花畑時代の僕は、学生運動をひとつの大人たちへの主張、国を想う学生たちの闘いだと認識してましたが、今となっては随分といろいろ本を読んだりネットをみたりして、学生運動への評価も180℃変わってしまいました。

そして、彼らが実は' 平和と自由を勝ち取ると称して、当局に実力行使で暴力すらも厭わない' 早い話が国家反逆者であったと。

そう考えると、まさに巷で騒いでいる「ヘイトスピーチに対抗する」「差別主義者は許さない」などと叫んで平和を標榜し暴力をふるっている極左活動家、パヨク、しばき隊などの左巻きといわれる人たちと何ら変わらないわけです。

あとで知りましたが、学生運動の主体となっていたのは、大半が共産主義同盟の学生たちが組織(用語でブント、セクトと言うらしい)していたというのが実情だったらしいです。

台湾から帰化された金美齢さんがTwitterで言っておられましたが「当時の学生運動とは、【ごっこ】であった」と。

実際、機動隊との衝突もたびたびあって双方に甚大なる怪我人も出たり激しさ極まる闘争で、死者も出たとの記録があります。

それでもやはり学生たちにとっては【ごっこ】だったのでしょうか...。

確かに最近で言う「SEALDs」などは、彼らに比べればより【ごっこ】感が強く思われ、なんか暇な学生たちが政治をネタに遊んでるみたいに思いますよね😂

SEALDsの連中に、当時の学生みたいに体を張って権力に対抗できるわけがないと思います。そこは時代たるゆえんですね。

みんな夢でありました/全共闘・高校全共闘・浪人共闘・学生運動・新左翼 - YouTube

 

昔の僕は、学生運動の目的や方針を間違って認識していたようですが、今書いていると本当に彼らは何をしたかったのだろうか...。

何が欲しかったのだろうか。一体、何に燃えていたのだろうか。

そして......団塊の世代となった今、自分たちの過去に対して、どういう眼差しを投げ掛けるのだろうか......。と考えを巡らせてしまいます。

中には「あの頃は青春の一頁にすぎない」と感嘆する人や「実に恥ずかしかった。今となっては何故あんなことをしたのか」と若気の至りを悔恨する人、「今もまだ闘いは続いている。終わっていない」と現体制に不信と不服を抱き、息を巻く人などそれは十人十色だと思います。

しかし僕などは、最初から客観的視点でしか学生運動というものを見ることができない。

色眼鏡でしか、歴史を知る事ができない。

それでも何が正しくて、何が間違っているのかという判断はできる...。

 

当時を生きた人々には、全国規模で勃発した学生運動という名の歴史的事実をどう見据えているのだろうか。

僕の両親は団塊の世代より少し後の世代ですが、リアルタイムで学生運動をテレビなどで観ていたと言っていました。

あまり興味はなかったようですが......💧

 

今、日本は混沌の渦の中にあり、北朝鮮有事、テロ等準備罪、共謀罪憲法9条改正、学園問題、皇室の危機、女系天皇推進派などの暗躍、韓国の新たな大統領、文在寅は日本にどれほど大きな反日的影響を及ぼすのか......。

さらにアメリカとフランスの確執、国連の無能さには世界情勢を危惧せずにはいられない状況です。

そうした事で、今の学生たちは皆が皆一丸となって行動を起こすかといえばそうは思えませんよね。

SEALDsのようなただ共産党の庇護下でギャーギャー喚くだけの運動なら誰にでもできるでしょう。

当時の学生運動に対して、僕がひとつだけ確信して言える事があるとすれば、当時の学生たちは、思想はどうあれ国の為に自分達で考え、憂い、大人社会への矛盾や鬱憤を口に出し、身をもって抗議をしたこと。

ひとかどの勇気がなければ、できない事だと思います。またそれができたのも運動を共にする仲間たちがいたからこそ。

今、保守や愛国者を称する人たちなら、思想や主張のやり方は別として、彼らに匹敵するくらいの結束力と声をあげれると信じています。

 

⬇⬇下記リンク【国民が知らない反日の実態】学生運動の正体   ーat wikiさんから。

https://www.google.co.jp/amp/s/www35.atwiki.jp/kolia/pages/460.amp

 

最後に一言。当時の学生運動は政治に関心をもち国を憂い、黙っていられなくなった学生たちが運動を起こし、中には共産主義に凝り固まったインテリ学生に諭された人もいたし、自分達の国を想う気持ちを信じて突っ走った人たちもいた。

いくら誤りであった、日本の歴史の恥部だったと言っても、若者たちの身を挺した熱い想いだけは汲み取ってあげてはいかがでしょうか......。

彼らは、自らイデオロギーに飛び込んで、イデオロギーに呑み込まれて自分を見失ってしまったのだと思います。

国を想い、憂い、良くしたいと思う気持ちにイデオロギーは存在しません。

ただ純粋に想い、行動するのみ。

 

今回も拙い文章でしたが、最後までお読み下さり、ありがとうございました🙏

(※なお、今回のブログでは赤軍派連合赤軍革マル派中核派などはあえて記載しませんでした。言い出すと延々と書いてしまうので 笑    またいつかのブログでお話しさせていただきます🙇)

 

                                    @2677/ 6/ 4/ 草稿                          

神社仏閣・神仏についての私的考察🔍

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

今回は、日本人における精神的支柱...ともいうべき神仏についてお話ししたいと思います。

僕自身も、生まれて物心ついた頃から神仏に関連性のある物事に深く携わってきたのですが(注:僕はお寺の息子でも新興宗教の信者でもありません❗)、よくいる専門家のような深いところまで理解できているわけではありません。

したがって、今からお話するのは、あくまで僕自身からみてありのままを感じた神社仏閣・神仏ですので、そこのところをご了承いただければ幸いです🎵

 

さて、その前に、今日会社のシフトで休みなのでお昼から外出したのですが、近所の神社でこのような掲示がしてあったので載せます。


f:id:aikokuken-ryuji:20170601141918j:image

「神仏を敬い、神仏に頼らず」by.宮本武蔵

 

すなわち「おかげ信仰」「他力本願」ではない  と読み取れます。

神社仏閣に訪れる方々も、願い事をお願いしたり、絵馬に願い事を書いたりしたりしてますよね。

でもそれぞれ地域に鎮守されている神々が、日本各地の神社仏閣にはおられるわけですから、そうするのは当然の事だと思います。

日本各地には古くから神々が、その土地土地を鎮守されるよう神社仏閣が地域ごとに置かれているのだと僕は解釈しています。

それぞれの神社には、神が祀られているわけです。

f:id:aikokuken-ryuji:20170601143006j:image

そして、その神々は少なからず僕たち日本人のご先祖様と関わりがあるものだと思っています。

僕自身、自分の今存在している理由は、ご先祖様の存在ぬきには考えられないと信じています。

両親がそこにいて、僕たちを産み、その両親はそれぞれの父母から産まれ、その祖父母はそのまた前の両親から産まれして、今世まで血を絶やすことなく、僕らの代まで受け継がれてきたのです。

これは、疑いようもない事実です。

もしも、どこかで自分の祖先の血が絶えていたなら、僕らは今の世に存在しないはずだと......。

 

少し話が逸れましたが、この日本という国は神武天皇(皇室ができて)から数えて2677年という気の遠くなるような月日を隔ててきました。

その間、国家が戦のため破綻したり、他所の国の侵略を受けて滅んだりはしなかったわけです。

よく「中国4000年の歴史」と昔から仄聞されているのを真に受けて「中国の方が歴史古いよ」と思う人がいるかもしれませんが、実際今の中華人民共和国が、いち国家として樹立したのは戦後の事。

数えれば70数年しか経っていないわけです。

毛沢東中国共産党の軍勢を率いて共産主義一党国家、中華人民共和国(国家)を作り上げてからわずか70数年です。

世界で中心的存在と思われがちなアメリカ合衆国も、日本に比べればその国家はできてから歴史はまだ浅いですよね。

そこを踏まえてお話ししますが、まさに日本の神社仏閣・神仏とは皇室と深い関係をもっています。

皇室のご先祖様が日本書紀古事記に出てくる天照大神(アマテラスオオミカミ)であるとすれば、神社仏閣や神仏は我が国に無くてはならない国民の精神的支柱(冒頭でも書きましたが 笑)なのだと確信をしております。

同時に、自分たちのご先祖様も神々や皇室共々無くてはならないのです。

 

僕はあまり各地の神社に足を運ぶ機会をまだ得ていませんが、大阪市の「大阪護国神社」や「住吉大社奈良県にある「橿原神宮」京都の「岩清水神社」にはお詣りに行った事があります。

地元近くの茨木神社にも一度だけ行きました🎵

f:id:aikokuken-ryuji:20170601153326j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601145011j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601145053j:image

 
f:id:aikokuken-ryuji:20170601153337j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601153713j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601153726j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601153808j:image

f:id:aikokuken-ryuji:20170601154014j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601154023j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601154037j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601154410j:image

 

おっと!東京の靖國神社も忘れてはいけませんね!!

f:id:aikokuken-ryuji:20170601155349j:image

f:id:aikokuken-ryuji:20170601154517j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170601154541j:image


靖國神社に関しては、過去のブログで触れているので今回は割愛させていただきます🙇

これらの神社仏閣に訪れるたび、僕は「皇室の安泰、我が国の平穏」を祈願しています。

神様の力で、なんとかしてほしい......ではなく、自分たちの行動や活動をどうか見守っていて下さい...という願いを込めて。

 

最近では、神社が放火されたり、仏像を傷つけられたりする事件がいたるところで多発していますね😢

犯人は何故こんな事をするのか...? 僕には到底理解できません。

つい先日、Twitterでみましたが台湾で八田與一像の首が壊されたという衝撃的なニュースがありました。


f:id:aikokuken-ryuji:20170601160514j:image

犯人は捕まったそうですが、今度はその仕返しにと蒋介石像の首が壊される事件が起きました...。
f:id:aikokuken-ryuji:20170601160535j:image

「暴力には暴力をもって制する」まさに毛沢東が唱えていた中華思想の根源です。

 

さらに日本国内には神社仏閣や神仏を否定したりする新興宗教があるらしいですが、彼らは果たして日本人なのでしょうか...??💦

日本人としてDNAを受け継いできた者なら、神社仏閣を否定したり損壊したり、できないはずだと思います。

昔の日本人は、信心深かったが今の若い人たちは、神様や自分のルーツともいえるご先祖様に対しても何の感謝もなく、蔑ろにしがちと老人が嘆く通り、そういう風潮になってきているのも悲しい事実です。

僕らのできる事は、まず原点に立ち戻って、自分たちは何でできているのか...!?(生物学的な話でなく 笑)自分たちが求められているのは何なのかを理解し、行動する事だと思います。

特に、靖國神社には戊辰戦争以降、日露戦争大東亜戦争で国に命を捧げた数多くの英霊様が祀られておられます。

この方々の想いに報いるためにも、神社仏閣・神仏を信じる心が、ひいては国を守る思いに清廉な水を与える事になると思います。

その水により、芽を育み、立派に元気に日本を守る気概を成長させる糧として日々成長を続けなければなりません。

僕も本当にまだまだ不勉強で若輩者で、なかなかお国のお役に立つことができないで甘んじている立場ですが、国を想う気持ちには偽りはないつもりです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170601154619j:image

神様はいつも、僕らの住む地域を見守って下さっていて、すぐ傍にはご先祖様が見守って下さっています。

10月『神無月』になると各地域の神社仏閣に鎮守されている神々は、大挙して島根県出雲大社に集われます。

出雲では旧暦の10月は神有月(かみありつき)と呼んでいて神有祭が行われます。
日本書紀」によると、この日本の国造りをされた大国主大神は、天降りされた皇孫(皇室)に国譲りをされます。現世のまつりごとである顕露(あらわに)の事は皇孫が治められ、神の世界のこと神事(かみごと)は大国主大神が治められることになりました。

残念ながら、僕は出雲大社に行った事はないので(あの大きな綱を一度みたい❗) 詳しくは書けませんが、いつか行ってみたいと思っています。

弟は何度か出雲大社島根県に行ってるので、今度一緒に行こうかな...?😁

 

最後になりますが、神社仏閣・神仏を敬う気持ちを一人でも多くの日本人にわかってもらいたい。

そして、悪意で神社仏閣を汚そうとする者は許さない!!

なんか最後が適当な文になっちゃってごめんなさい😫💦

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。感謝です(*^_^*)

 

                                      @2677 /6/ 1/ 草稿

 

 

愛国者としての活動

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

またまた久々のブログ更新になりますが、お許しいただきますようお願い致します🙇

 

僕はTwitterをやっておりまして、暇さえあればツイート、リツイート(人のツイートを自分のTLにシェア)を繰り返しています。

前は、Facebookとも併用しておりましたが、今はFacebookも辞めておりますので、Twitter一筋です。(笑)

さて、その中で、保守系、愛国系の間では毎回ツイッターデモというのがあるのをご存じでしょうか?

今日なら拉致被害者全員奪還のツイデモ、そして月曜日は生活保護不正受給ツイデモがSNSの間で行われています。

ツイキャスなるものもあるみたいですが、僕はまだ参加した事はありません。😣

 

そのツイデモですが、毎週日曜日(拉致被害者全員奪還)に20:00~23:00にTwitter上で行われています。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521145844j:image

ハッシュタグ→# を先頭につけて「拉致被害者全員奪還」と打てば、どなたでも参加できます。

僕も参加した事があります。前のブログでも触れましたが、北朝鮮による拉致は国際犯罪であり、願わくば国連を主体として問題を取り上げていただき早急に解決していただきたい問題なのです❗

しかし、国連はひとつも動かない。どころか、日弁連(日本弁護士連合会)や女子差別撤廃委員会なる反日勢力が邪魔をしているのが現状なのです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521150426j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521150504j:image

このようなバカな現状をそのまま受け入れる事は、敗戦国だからという事実を、我々日本人が認める事にほかならないのです。

だから、闘う❗たとえ、草の根的活動でも、これだけ敗戦以後傷ついて、他国に蹂躙されてきた我が国を日本人の子孫である僕らが守らなければいけないと...。

 

そして、月曜日の20:00~23:00には「生活保護不正受給」のTwitterデモがあります。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521154736j:image
生活保護とは、本来、生活に困窮した人、また働きたくても働けない人たちに対する国からの補助であると認識しています。

しかし、中には働けるのに、働ける体を持ってる五体満足の人に対しても受給される、あるいは在日特権を利用してそれを可能にする、そんな許しがたき陰謀が影で行われています。

特に在日に対しては、生活保護不正受給の問題は根深いです。

ちゃんとした額を貰っているにも拘わらず、もっとよこせ!と、生活できないからもっとよこせと言う在日、不逞鮮人などが実際いるわけですよね。

これは我々日本人として、本当に必要な人が生活保護を打ち切られ、最後に「おにぎりが食べたい...」と餓死して逝った人に対して、よそではのうのうと生活保護を不正に貰って良い生活をしている在日を許すわけにはいきません。怒りさえ湧いてきます❗💢💢💢


f:id:aikokuken-ryuji:20170521151847j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151900j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151909j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151919j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151932j:image

このようにして、生活保護は在日の為にあると言っても過言ではないのが現状です。

僕は、日本人として本当に許せないです。これをお読みの方も、それは同じ気持ちだと思います。

 

最後になりましたが、今北朝鮮とアメリカが戦争するのしないので揉めていますが、北朝鮮のミサイルの資金が、一体どこから来ているのか...。

信じがたい事実ですが、それは日本です!!

 

日本人が北朝鮮のミサイルを造る資金を提供しているのです。

これは本当の事で、資金提供しているのは、組織でもなく団体でもない、いわゆる......

 

我々、日本人です!!!

 

そのお金はどこから算出されているかと言うと、皆さんの身近なところから。

そう、パチンコ業界からです❗

日本には、駅前を筆頭に至るところにパチンコ店がありますよね。

実は、パチンコ業界の多くは、在日韓国人がトップの企業なのです。

マルハンなどは、会長が在日韓国人です。

つまり、我々日本人がパチンコにつぎ込んだお金が万景峰号(マンギョンボン号)にのって、北朝鮮や韓国に送られているわけですね。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521160318j:image
また、中にはパチンコ中毒になって、借金苦に追い込まれ自殺する日本人は年間約3000人、また依存症による被害で亡くなる方は、多く見積もっても10000人くらいになると言われています!!

↑これは確かな数字ではありません。年々、数は、更新されているのです。

パチンコは違法賭博であって、競馬、競輪、競艇などの国営ギャンブルではなく、日本国に一銭足りとも寄与されていない違法ギャンブルなのです。

これについては、YouTube桜井誠氏がわかりやすく、かつ啓発的に街宣で述べてくれています。

違法賭博パチンコを日本から消滅させよう!(1) 街頭演説会 in 秋葉原 - YouTube

 

在特会行動する保守❔ での活動の動画だと思われます。

桜井誠氏も日本第一党という保守政党を立ち上げて下さり、こないだのテロ等準備罪可決では、日本維新の会丸山穂高議員が、神演説をして下さいました。

確実に、日本を守ろうと、在日、反日勢力から守ろうと頑張ってくれている議員、政党が盛り上がってきてくれています❗

我々日本を愛する日本人は、これらの声を後押ししなければならないと思います。

安倍総理が、憲法改正を実現しようとする中で、これらを後押ししてもり立てていかないと日本人の子孫として生まれた甲斐がないものと思わせていただきます。

 

今回は、少し長分になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

                                 @2677/ 5/21/ 草稿

拉致被害者奪還は今!☆☆

こんにちは。aikokuken-ryujiです。お久しぶりです。

毎回前述するのですが、僕はしょっちゅうブログを更新してるわけではないので、ある日突然書きたいと思った事を書いています。

なので、、途切れがちになりがちです💦

 

さて、今回は北朝鮮による拉致事件について僕の言いたい事だけを書かせていただきます。

北朝鮮といえば、世界的に今もっとも注視すべき国ですね。

トランプ大統領が就任してからのアメリカと、睨み合いが続いています。

どちらも核保有国なので、一部では核戦争が起こるんじゃないか...と顔面蒼白になり、彼らを刺激せず話し合いで解決した方がよいのでは!?と言う人もいますし、一方では、アメリカ早くやってやれ!北朝鮮を亡きものにしろ!と過激に扇動する人もいます。

そしてまた一部では、何の危機感も持たず平々凡々と毎日を過ごす人もいます。

 

僕は  というと、朝鮮半島有事勃発の危機感を持ってはいますが、それよりも気にかかるのは、多くの日本人が過去に北朝鮮によって拉致された、あの拉致被害者についてです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430123713j:image

新潟県北朝鮮工作員によって学校帰りに拉致された、横田めぐみさんをはじめとする特定失踪者の事です。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430123930j:image

この問題については、政府は長いこと取り組んできたようですが、未だ何の成果もあげられていません。

 平成14年(2003年)10月に、自民党小泉政権の下で、一部の拉致被害者が数人やっとの帰国を果たした後、今日まで誰一人として拉致被害者は帰国の途を遂げられていません。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430124651j:image

しかも、この方々も名目としては一時帰国に過ぎず、何日かしたら北朝鮮に戻るように、なっていたというのだから、我々国民からしたら「一体どういう事だ!?」と憤激せずにはいられない事実が、政府と北朝鮮高官の間で交わされていたのでしょう。

それに異議を唱えたのが、当時官房長官だった安倍晋三(現・総理大臣)氏と中山恭子議員でした。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430125224j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170430125232j:image
北朝鮮による拉致事件は、国と国との間で起こった国際犯罪、いわばテロ行為です。

そういう犯罪を犯した国に対して、一時帰国なんて考えられますか!?

普通、誘拐犯が被害者を一時的に返してまた犯人のもとに返すなんてありえませんよね?

安倍さんと中山さんの働きかけは、人間として当然の事だった。

いわば、日朝国交正常化を先にもってきて、拉致被害者を二の次にする神経がわからない。突如自分たちの子や、親、友達、親戚が外国人に拉致され、何十年も行方がわからない人たちの気持ちを国会議員は考えた事があるのでしょうか!?

拉致被害者のご家族、ご親族にはもう時間がありません。

長い年月をかけて訴えかけてきたこの声を、同胞である日本人の僕らが「知らぬ、存ぜぬ」でスルーしていてはいけないと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430130020j:image

今の若い世代の人たちは、この拉致事件すら知らない人が多いです。

知っていても、他人事のようにただ「かわいそう」で済ましている客観的視点の人が多く見受けられます。

今、北朝鮮の核ミサイル問題、アメリカとの朝鮮半島有事の問題がメディアなどで騒がれています。

1950年頃に勃発した朝鮮戦争は、終わったわけではなく停戦状態にあります。

そして、第二次朝鮮戦争が今、起ころうとしています。

ロシアとイギリスも核をめぐって、静かな確執を始めつつあります。

そんな混沌とした世界情勢のなかで、もう一度拉致事件について、考え直してみたい。

有事勃発の際、政府は囚われている拉致被害者の安否をどうするのか。

僕は、今こそ自衛隊による拉致被害者奪還を実行すべきだと思います。

切迫した局面に我が国が立たされれば、もう憲法9条がどうとかゴタクを言ってる時ではなくなります。

この期に及んで、「話し合いで解決」とか「戦争を避けるために北朝鮮を刺激してはならない」「憲法は遵守すべき」などと寝言を放ち、国会を迷走させている野党には、呆れるばかりか怒りさえ感じます。

 

やられたら、やり返す  臥薪嘗胆

 

日本国民に、一人でも多くこの事実を知ってもらい、政府に声をあげ、後押しをすべきだと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131623j:image


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131657j:image


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131722j:image

もちろん、北朝鮮の核ミサイルの脅威、アメリカとの有事、韓国の動きなども注意深くみていかなければなりません。

決して、何も知らない、わからないでは済まされない状況になってきています。

最後まで拙ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

                                 @2677/4/30/ 草稿 

紀元節🎌🎌

おはようございます。aikokuken-ryujiです。
新しい年をまたいで、かなり久々のブログ更新でございます。

本日は紀元節(建国記念日)ですね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211072325j:plain
すなわち神武天皇より続いてきた我が国日本の生誕を御祝い奉る日であります。
世界最古の国家、日本も今年で2677歳となりました。
周りの国々はまだ国家誕生から何十年、何百年という短い国が多い中、我が国は世界の最長老に位置するわけです。
そんな長い歴史のなかで、決して華々しい事ばかりではありませんでした。
終戦以後様々な困難に直面しながらも驚異的な経済的手腕によって、見事な復興を成し遂げました。
その頂点ともいえるのが、1970年大阪で開催されたExpose'70 万国博覧会でしたね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211072902j:plain

現在は、経済的には下り坂に陥っていたのが少し上向いてきたのかな?
ともあれ、日本が今までこれといった大規模な争いや飢饉などもなく平和な世の中で暮らせてきたのは、やはり皇室、天皇陛下が我が国におられるからこそ、歴代の皇祖が常に国民とともにあり、国を平安に治めてきたからに相違ないと思います。

ニュースなどでは、近隣諸国との問題があり、国が脅かされ、確かに国内で生活している日本人にとっては平和な毎日でありましょうが、ひとたび内外に目を向けるとそれが本当に平和なのか...? 自分たちの住むこの日本は本当に平和なのだろうか...!? と自問自答してしまうと思います。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211074759j:plain
f:id:aikokuken-ryuji:20170211075333j:plain
皇紀2677年を迎えた我が国の、繁栄と永続を祈願し、皇室の安泰、世界の太平を願わんとする紀元節を日本国民全員が御祝いできる日を、ただただ願うばかりであります。

ありがとうございました。素敵な週末をお過ごし下さいませ。m(__)m

@2677/2/11 草稿