読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aikokuken-ryuji 日々の草稿

日々aikoku=愛国.音楽大好きな犬=ken@10年20年もっと後の日本に世界に平穏あれ。

愛国者としての活動

こんにちは。aikokuken-ryujiです。

またまた久々のブログ更新になりますが、お許しいただきますようお願い致します🙇

 

僕はTwitterをやっておりまして、暇さえあればツイート、リツイート(人のツイートを自分のTLにシェア)を繰り返しています。

前は、Facebookとも併用しておりましたが、今はFacebookも辞めておりますので、Twitter一筋です。(笑)

さて、その中で、保守系、愛国系の間では毎回ツイッターデモというのがあるのをご存じでしょうか?

今日なら拉致被害者全員奪還のツイデモ、そして月曜日は生活保護不正受給ツイデモがSNSの間で行われています。

ツイキャスなるものもあるみたいですが、僕はまだ参加した事はありません。😣

 

そのツイデモですが、毎週日曜日(拉致被害者全員奪還)に20:00~23:00にTwitter上で行われています。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521145844j:image

ハッシュタグ→# を先頭につけて「拉致被害者全員奪還」と打てば、どなたでも参加できます。

僕も参加した事があります。前のブログでも触れましたが、北朝鮮による拉致は国際犯罪であり、願わくば国連を主体として問題を取り上げていただき早急に解決していただきたい問題なのです❗

しかし、国連はひとつも動かない。どころか、日弁連(日本弁護士連合会)や女子差別撤廃委員会なる反日勢力が邪魔をしているのが現状なのです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521150426j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521150504j:image

このようなバカな現状をそのまま受け入れる事は、敗戦国だからという事実を、我々日本人が認める事にほかならないのです。

だから、闘う❗たとえ、草の根的活動でも、これだけ敗戦以後傷ついて、他国に蹂躙されてきた我が国を日本人の子孫である僕らが守らなければいけないと...。

 

そして、月曜日の20:00~23:00には「生活保護不正受給」のTwitterデモがあります。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521154736j:image
生活保護とは、本来、生活に困窮した人、また働きたくても働けない人たちに対する国からの補助であると認識しています。

しかし、中には働けるのに、働ける体を持ってる五体満足の人に対しても受給される、あるいは在日特権を利用してそれを可能にする、そんな許しがたき陰謀が影で行われています。

特に在日に対しては、生活保護不正受給の問題は根深いです。

ちゃんとした額を貰っているにも拘わらず、もっとよこせ!と、生活できないからもっとよこせと言う在日、不逞鮮人などが実際いるわけですよね。

これは我々日本人として、本当に必要な人が生活保護を打ち切られ、最後に「おにぎりが食べたい...」と餓死して逝った人に対して、よそではのうのうと生活保護を不正に貰って良い生活をしている在日を許すわけにはいきません。怒りさえ湧いてきます❗💢💢💢


f:id:aikokuken-ryuji:20170521151847j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151900j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151909j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151919j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170521151932j:image

このようにして、生活保護は在日の為にあると言っても過言ではないのが現状です。

僕は、日本人として本当に許せないです。これをお読みの方も、それは同じ気持ちだと思います。

 

最後になりましたが、今北朝鮮とアメリカが戦争するのしないので揉めていますが、北朝鮮のミサイルの資金が、一体どこから来ているのか...。

信じがたい事実ですが、それは日本です!!

 

日本人が北朝鮮のミサイルを造る資金を提供しているのです。

これは本当の事で、資金提供しているのは、組織でもなく団体でもない、いわゆる......

 

我々、日本人です!!!

 

そのお金はどこから算出されているかと言うと、皆さんの身近なところから。

そう、パチンコ業界からです❗

日本には、駅前を筆頭に至るところにパチンコ店がありますよね。

実は、パチンコ業界の多くは、在日韓国人がトップの企業なのです。

マルハンなどは、会長が在日韓国人です。

つまり、我々日本人がパチンコにつぎ込んだお金が万景峰号(マンギョンボン号)にのって、北朝鮮や韓国に送られているわけですね。


f:id:aikokuken-ryuji:20170521160318j:image
また、中にはパチンコ中毒になって、借金苦に追い込まれ自殺する日本人は年間約3000人、また依存症による被害で亡くなる方は、多く見積もっても10000人くらいになると言われています!!

↑これは確かな数字ではありません。年々、数は、更新されているのです。

パチンコは違法賭博であって、競馬、競輪、競艇などの国営ギャンブルではなく、日本国に一銭足りとも寄与されていない違法ギャンブルなのです。

これについては、YouTube桜井誠氏がわかりやすく、かつ啓発的に街宣で述べてくれています。

違法賭博パチンコを日本から消滅させよう!(1) 街頭演説会 in 秋葉原 - YouTube

 

在特会行動する保守❔ での活動の動画だと思われます。

桜井誠氏も日本第一党という保守政党を立ち上げて下さり、こないだのテロ等準備罪可決では、日本維新の会丸山穂高議員が、神演説をして下さいました。

確実に、日本を守ろうと、在日、反日勢力から守ろうと頑張ってくれている議員、政党が盛り上がってきてくれています❗

我々日本を愛する日本人は、これらの声を後押ししなければならないと思います。

安倍総理が、憲法改正を実現しようとする中で、これらを後押ししてもり立てていかないと日本人の子孫として生まれた甲斐がないものと思わせていただきます。

 

今回は、少し長分になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

                                 @2677/ 5/21/ 草稿

拉致被害者奪還は今!☆☆

こんにちは。aikokuken-ryujiです。お久しぶりです。

毎回前述するのですが、僕はしょっちゅうブログを更新してるわけではないので、ある日突然書きたいと思った事を書いています。

なので、、途切れがちになりがちです💦

 

さて、今回は北朝鮮による拉致事件について僕の言いたい事だけを書かせていただきます。

北朝鮮といえば、世界的に今もっとも注視すべき国ですね。

トランプ大統領が就任してからのアメリカと、睨み合いが続いています。

どちらも核保有国なので、一部では核戦争が起こるんじゃないか...と顔面蒼白になり、彼らを刺激せず話し合いで解決した方がよいのでは!?と言う人もいますし、一方では、アメリカ早くやってやれ!北朝鮮を亡きものにしろ!と過激に扇動する人もいます。

そしてまた一部では、何の危機感も持たず平々凡々と毎日を過ごす人もいます。

 

僕は  というと、朝鮮半島有事勃発の危機感を持ってはいますが、それよりも気にかかるのは、多くの日本人が過去に北朝鮮によって拉致された、あの拉致被害者についてです。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430123713j:image

新潟県北朝鮮工作員によって学校帰りに拉致された、横田めぐみさんをはじめとする特定失踪者の事です。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430123930j:image

この問題については、政府は長いこと取り組んできたようですが、未だ何の成果もあげられていません。

 平成14年(2003年)10月に、自民党小泉政権の下で、一部の拉致被害者が数人やっとの帰国を果たした後、今日まで誰一人として拉致被害者は帰国の途を遂げられていません。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430124651j:image

しかも、この方々も名目としては一時帰国に過ぎず、何日かしたら北朝鮮に戻るように、なっていたというのだから、我々国民からしたら「一体どういう事だ!?」と憤激せずにはいられない事実が、政府と北朝鮮高官の間で交わされていたのでしょう。

それに異議を唱えたのが、当時官房長官だった安倍晋三(現・総理大臣)氏と中山恭子議員でした。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430125224j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20170430125232j:image
北朝鮮による拉致事件は、国と国との間で起こった国際犯罪、いわばテロ行為です。

そういう犯罪を犯した国に対して、一時帰国なんて考えられますか!?

普通、誘拐犯が被害者を一時的に返してまた犯人のもとに返すなんてありえませんよね?

安倍さんと中山さんの働きかけは、人間として当然の事だった。

いわば、日朝国交正常化を先にもってきて、拉致被害者を二の次にする神経がわからない。突如自分たちの子や、親、友達、親戚が外国人に拉致され、何十年も行方がわからない人たちの気持ちを国会議員は考えた事があるのでしょうか!?

拉致被害者のご家族、ご親族にはもう時間がありません。

長い年月をかけて訴えかけてきたこの声を、同胞である日本人の僕らが「知らぬ、存ぜぬ」でスルーしていてはいけないと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430130020j:image

今の若い世代の人たちは、この拉致事件すら知らない人が多いです。

知っていても、他人事のようにただ「かわいそう」で済ましている客観的視点の人が多く見受けられます。

今、北朝鮮の核ミサイル問題、アメリカとの朝鮮半島有事の問題がメディアなどで騒がれています。

1950年頃に勃発した朝鮮戦争は、終わったわけではなく停戦状態にあります。

そして、第二次朝鮮戦争が今、起ころうとしています。

ロシアとイギリスも核をめぐって、静かな確執を始めつつあります。

そんな混沌とした世界情勢のなかで、もう一度拉致事件について、考え直してみたい。

有事勃発の際、政府は囚われている拉致被害者の安否をどうするのか。

僕は、今こそ自衛隊による拉致被害者奪還を実行すべきだと思います。

切迫した局面に我が国が立たされれば、もう憲法9条がどうとかゴタクを言ってる時ではなくなります。

この期に及んで、「話し合いで解決」とか「戦争を避けるために北朝鮮を刺激してはならない」「憲法は遵守すべき」などと寝言を放ち、国会を迷走させている野党には、呆れるばかりか怒りさえ感じます。

 

やられたら、やり返す  臥薪嘗胆

 

日本国民に、一人でも多くこの事実を知ってもらい、政府に声をあげ、後押しをすべきだと思います。


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131623j:image


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131657j:image


f:id:aikokuken-ryuji:20170430131722j:image

もちろん、北朝鮮の核ミサイルの脅威、アメリカとの有事、韓国の動きなども注意深くみていかなければなりません。

決して、何も知らない、わからないでは済まされない状況になってきています。

最後まで拙ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

                                 @2677/4/30/ 草稿 

紀元節🎌🎌

おはようございます。aikokuken-ryujiです。
新しい年をまたいで、かなり久々のブログ更新でございます。

本日は紀元節(建国記念日)ですね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211072325j:plain
すなわち神武天皇より続いてきた我が国日本の生誕を御祝い奉る日であります。
世界最古の国家、日本も今年で2677歳となりました。
周りの国々はまだ国家誕生から何十年、何百年という短い国が多い中、我が国は世界の最長老に位置するわけです。
そんな長い歴史のなかで、決して華々しい事ばかりではありませんでした。
終戦以後様々な困難に直面しながらも驚異的な経済的手腕によって、見事な復興を成し遂げました。
その頂点ともいえるのが、1970年大阪で開催されたExpose'70 万国博覧会でしたね。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211072902j:plain

現在は、経済的には下り坂に陥っていたのが少し上向いてきたのかな?
ともあれ、日本が今までこれといった大規模な争いや飢饉などもなく平和な世の中で暮らせてきたのは、やはり皇室、天皇陛下が我が国におられるからこそ、歴代の皇祖が常に国民とともにあり、国を平安に治めてきたからに相違ないと思います。

ニュースなどでは、近隣諸国との問題があり、国が脅かされ、確かに国内で生活している日本人にとっては平和な毎日でありましょうが、ひとたび内外に目を向けるとそれが本当に平和なのか...? 自分たちの住むこの日本は本当に平和なのだろうか...!? と自問自答してしまうと思います。
f:id:aikokuken-ryuji:20170211074759j:plain
f:id:aikokuken-ryuji:20170211075333j:plain
皇紀2677年を迎えた我が国の、繁栄と永続を祈願し、皇室の安泰、世界の太平を願わんとする紀元節を日本国民全員が御祝いできる日を、ただただ願うばかりであります。

ありがとうございました。素敵な週末をお過ごし下さいませ。m(__)m

@2677/2/11 草稿

おはようございます☀🎌

おはようございます。aikokuken-rujiです。

もう10月も明日で終わり......。今年も残すところあと2ヶ月といったところですね。

早いものです。💦  

一年を振り返る時期になると、一体何やってたんだろう......なんて思ってしまう事もしばしば。

皆様の一年が、悔いのなきまま有終の美で飾れます事を心より祈願申し上げます。

今朝は寒い中での快晴でありますので、太陽=日の丸に感謝する意味で「日の丸行進曲」を。

Japanese Military March - 日の丸行進曲 - YouTube

素敵な土曜日をお過ごし下さいませ。m(__)m

 

                                    @2676/ 10/ 29 草稿

日本人のこころ☆☆

皆様、こんにちは。aikokuken-rujiです。

お久しぶりのブログで、何を書こうかと迷ってしまいましたが、今回は日本人のこころ☆☆  と題しまして、東京にある靖國神社の事について書かせていただきます。

靖國神社については、九月にみらいとてらすの事で少し触れましたが、何故靖國神社が国内外で注目され、あるいは問題視されているのか。

僕は今年に入って、月に一回のペースで靖國神社に参拝をさせていただく機会をえていますが、訪れるたびに心が洗われるような、何か新たな気持ちにさせられてしまいます。

 

靖國神社の歴史は古いです。かつて大東亜戦争(太平洋戦争、第二次世界大戦)が起こった時にはすでに靖國神社はありました。

そこには、戊辰戦争日露戦争大東亜戦争などで国の為に亡くなられた兵隊さん、軍人の方々の御霊がお祀りされているのです。

その数は、二十万を越えるとされています。

靖國神社境内にある戦争資料館「遊就館」には、これまでの戦争の記録、軍人さんの遺品、戦争で使われた大砲、銃、そのた諸々の展示品が数多くあります。

そのどれもが、歴史を物語っています。

外敵から狙われ、白人至上主義を世界に定着させつつあった米国にアジア諸国は次々と植民地化に遭い、自分たちの民族を文化を否定され、言われるがままに奴隷扱いされていました。

日本国もまた、経済制裁をされ国の存亡に大きな危機感がその時代あったのです。

しかし、このままでは国が滅びてしまうと憂慮した天皇陛下、先人の方々はなんとかしてこの国の永劫まで続く繁栄を次世代に引き継がせんと、巨大な欧米列強に敢然と立ち向かっていったのです。

結果、多くの戦死者とそのご遺族を残しましたが、今の日本が何故平和であるのか⁉  ここを考えていただきたいのです。

かつての戦争で、国を守らんがために命を張って戦い、散って逝かれたご英霊様がおられたからこその平和だと思うのです。

その名も無き、兵隊さんたち、ご英霊様方をお祀りしているのが靖國神社です。

 

特攻隊の記事を書かせていただいた時にも触れましたが、特攻隊員は皆「靖國神社で会おう!!」と声を掛け合って突撃されていったのです。

近隣諸国では、日本の首相、国会議員靖國神社に参拝するのは遺憾だと騒いでいるのがテレビなどでも報じられていますよね。

果たして、本当にそうなのか⁉

かつて、この国の平和を勝ち取らんが為に亡くなられていった方々に敬虔と感謝を込めて、今の日本の政治のトップにおられる方が参拝するのに何故よその国、外国の意見を尊重してまで気を遣わなければいけないのか。

僕には、そこのところが釈然としません。

歴代総理大臣にも、多く参拝された方もいれば、やはり近隣諸国の反応を気にしてなかなか参拝されない方もいらっしゃいます。

でも、日本人として日本を愛する一国民として、やはり靖國神社に参拝できない首相、国会議員がいていいものかと思います。

政治的な理由でなかなか参拝できないのはわかります。

しかし、日本の経済、国民の生活の安泰を一手に担っている政治家の方々は一度は靖國神社に参拝をしていただきたいと切に願います!!

いくら野党の反対やそれを良しとしない方々の妨害に屈する事なく、現首相の安倍晋三さんには靖國神社に参拝していただきたいと思います。

これは、日本を愛する、日本を守ろうと日々頑張っていただいている愛国日本人有志のすべての声であると確信をしております。

 

少し話が横道に逸れましたが、何も首相や議員さんだけではありません。

日本人のこころ、日本人として真実の歴史を知る為にも我々国民も靖國神社に一度は是非行っていただきたい。

先程ご紹介した「遊就館」の展示室の一角には、戦争で亡くなられた方々のお写真が壁いっぱいに貼られている所があります。

その中には坂本龍馬中岡慎太郎などの明治維新を切り開かれた憂国の志士の方々もおられます。

遊就館」の中のレストラン「結い」は海軍カツカレーや海軍珈琲など美味しい食事ができるところもあります。

是非一度、訪れて下さいませ!!(*^_^*)

 

                                             @2676/ 10/ 23 草稿

久しぶりの沖縄🌊🌺


おはようございます。aikokuken-ryujiです。

昨夜は会社の先輩からお誘いいただいて、1対1で十三の沖縄料理屋で飲みでした🍺💥🍺

 

「はながさ」というお店で、一階は立ち飲みで二階がカウンターという感じで、僕と先輩は二階に行きました。


f:id:aikokuken-ryuji:20161002091023j:image

沖縄料理屋特有の三線と指笛の音がどこからともなく聞こえ、大阪にいながら沖縄の雰囲気が漂ってきました。

先輩は過去4回ほど沖縄に行った事があるらしく、いろいろなエピソードを聞かせていただき、ビールを交わしながら楽しいひとときを過ごしました。

料理は......というと、まず海ブドウ、ミミガー、お造り。


f:id:aikokuken-ryuji:20161002091039j:image

徐々にテンションがあがってくると、泡盛

頼み、先輩は「久米仙の古酒43℃!!☝」と大胆発言!!

えっ!?  いきなり古酒いきまっか!?  と僕は驚愕しつつも冷静に「請福のロックで✋」と月並みな注文をしました。(笑)f:id:aikokuken-ryuji:20161002091050j:image

で、泡盛といえば豆腐よう。

先輩は「ちょっと苦手やねんなー」と呟きつつ僕の押しの強さに業を煮やし(💦)豆腐ようを頼んでくれました♪

 
f:id:aikokuken-ryuji:20161002091101j:image

食べてみると、それほどでもない様子で「これはイケるわ」と先輩。

確かにこの豆腐ようはちょっと甘口で食べやすかったです。(^^;)

そして、泡盛のおかわり&もずく天ぷら、フー(お麩)チャンプルー、デザートにブルーシールアイスと、僕にとっても久しぶりの沖縄を感じる事ができて、でーじうむさー時(とても楽しいひととき)を過ごす事ができました。(^o^)❤❤🎵


f:id:aikokuken-ryuji:20161002091415j:image
f:id:aikokuken-ryuji:20161002091350j:image

十三駅西口改札から少し歩いたところの沖縄料理屋「はながさ」

また行きたいなー。(*^-^*)🍶🍺

 

                                              @2676/ 10/ 2 草稿  

 

神風特攻隊について考える。

皆様、おはようございます。aikokuken-ryujiです。

今回は、太平洋戦争(第二次世界対戦、大東亜戦争と呼び方は様々)末期に編成された神風特別攻撃隊の事について書いていきたいと思います。

特攻隊とはなんぞや!?  日本軍と連合国軍の戦いに於て、戦況が悪化していく中、ついにサイパン連合国軍によって陥落し、それに端を発し日本本土への攻撃が可能になってしまう。

その事を憂慮した大西瀧治郎中将は、敵による本土への侵略を阻止する為、敵空母に体当たりする戦略を展開。

結成されたのが「神風特攻隊」なのです。


f:id:aikokuken-ryuji:20161001103015j:image

隊員のなかには、本当に10代~20代くらいのまだ幼き容姿の若者ばかり。 

それでも、その隊員たちは大西中将が苦し紛れに打ち明けた作戦に対して全員もろ手をあげ、「やらせて下さい!!」「やりましょう!!」と血気盛んに志願したといいます。

この歴史的事実を知った僕は、感動で涙が溢れんばかりになりました。(書いてる今もちょっと涙が......💦)


f:id:aikokuken-ryuji:20161001103417j:image
こんなにあどけない若者たちが、国のために自らの命を擲ってまで守ろうとした行為については、教育者などの間では賛否両論で、多くの教育者が「特攻隊は犬死にだった」「彼らは軍に洗脳されて無理矢理行かされた」などと否定、批判しています。 

これは本当に僕としては悲しいことです。😢

あのまま何もせず決死の特攻が行われなかったならば、きっと日本はアメリカ軍の侵略を易々と赦し、戦後植民地化されていたに違いありません。

そして、日本人はもっと酷い仕打ちを受けていたと思います。

自分たちの家族や子孫に、そのような悲惨なめにあわせたくないとばかり、若者たちは特攻機に乗って行きの燃料だけを搭載し敵の空母に突っ込んでいったのです。

神風特攻隊 「命の使い方」~日本人として知っておきたいこと~ - YouTube

 

特攻に行った隊員はのべ5000~6000名といわれています。

その誰もが、国のために亡くなっていった英霊様。その方々の上に僕らが生きている、だからその方々の行為を決して「無駄だった」「やらされた」「かわいそう」などと無責任な感情で切り捨てず、感謝をせねばならないと思います。

それが、あとに残された僕らの使命だと感じます。

僕は、特攻について美化するわけではありませんが、これが紛れもない史実なのです。

 

飛び立つ時、彼らは家族や恋人に遺書、遺稿を残し仲間同士では「靖國で会おう!」と声を掛け合い、そして遥か大空へ勇敢にも飛び立って逝った。

その英霊様は、みな、靖國神社に祀られているのです。

また特攻隊については、まだまだ書き足りないところもございますので、また書いていきたいと思います。

今日はこの辺で失礼致します。m(__)m

 

                                              @2676/ 10/ 1 草稿